婚活コラム

恋愛感情なしで結婚の約束をした私。付き合っていくうちに恋心は芽生えるものなのか。

投稿日:2018/09/15 更新日:

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(以下「逃げ恥」)は、放送回数を重ねるごとに視聴率が上がり、大変話題になりましたよね。私は「恋ダンス」が各所で話題になっていたので、ドラマを観ました。嫌な人が一人も出てこない、観ていて嫌な気持ちになる事のなく、ほっとする良いドラマだったと思います。設定(あらすじ)は何気に社会派ラブコメディであり、色々考えさせられました。

主人公の森山 みくりが派遣切りにあってしまい無職になってしまう。そんな主人公を見かねた父親に紹介され、父の元部下・津崎の家事代行サービスを請け負う。だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は契約結婚という道を選ぶ。

「逃げるは恥だが役に立つ」Wikipedia参照

とある番組で「逃げ恥」の感想を視聴している20~30代の若者にインタビューしていたのを偶然見ていて、その中で「私も恋愛なしで結婚だけしたい」と興味深い意見がありました。きちんとした調査かは不明ですが、その番組では近年ではそもそも恋人がいない若者が増えており、そもそも「恋愛なんて面倒だ」というさとり世代についても触れていました。

「恋愛なしで結婚したいけど、うまくいくの?一緒にいる過程で恋愛感情は芽生えるものなのか」と気になっているという若者も中にはいるのかな。と私は感じたので、実際に「恋愛感情なしで結婚前提に付き合って、結婚した私」の話をしてみます。

興味があるあなたはお付き合い下さい。

とりあえず結婚相手を見つけるには

私が結婚相手をどのようにして見つけたのか。「逃げ恥」の様に家事代行やバイト先で見つけたわけではありません。
結婚相手を見つけた方法は、エキサイト婚活というネット婚活サイトでした。

通常ネット婚活では、プロフィールを見てメールのやりとりなどを介して直接出会うプロセスですが、私の場合、当時エキサイト婚活内にあったチャット内で夫となる人に話しかけ「この前会った人にフラれた(笑)婚活うまくいかない!」とお互いヤケクソ気味になり、とりあえず愚痴を言いたくて直接会ってみたという感じでした。

私は当時29歳で「20代のうちに結婚をしたい」と結婚願望が強く、また夫は3つ年下なので結婚を急ぐ年齢ではありませんでしたが「友達が早婚、子供がいる人もどんどん増えていて焦っている」という事情があり、後から聞いた話ですが「よっぽど変な女性でなければなんでもいいから結婚したい」と思っていたそうです。

「婚活サイトで結婚なんて無理じゃない?」と感じるかもしれませんが、私は婚活サイトを介して結婚した人を何人か知っていますので、結婚できないなんてことはありません。もし結婚相手を見つけたいのであれば、婚活サイトの利用は全然アリです。

恋愛感情なし。けれど悪い印象もなかった

20代で婚活サイトを利用している位なので結婚願望は強かったのですが、そんな2人が直接会ったところで恋愛感情はありませんでした。見た目がタイプではないし、特別優れたスペックを持ち合わせているわけではなかったからです。

ですが、悪い印象もなく婚活サイトを使ってフラれるのは嫌だという気持ちがお互いにあったので「とりあえず、結婚を前提にお付き合いしましょうか」という流れになりました。

芽生えない恋愛感情。でも、不満もない。

特に恋愛感情はありませんでしたが、連絡は毎日取り合っていました。友達と話すみたいで楽しく、苦痛ではなかったからです。
毎週末デートもしていました。お互いインドア派なのによく頑張ったと思います。
「結婚したいから」という気持ちが私達を突き動かしていたのです。

何度もデートを重ねていくうちに考え方や価値観が似ていたことが判明し、一緒にいて気がラクだと感じました。

でも、恋愛感情は芽生えていません。

流れに乗っていただけの様な気がします。主に夫がどんどん話を進めて行きました。そして4か月後には同棲生活が始まりましたね。いつの間にか進んでいた感覚でした。でも、不思議な事に不満はありませんでした。

同棲生活開始。恋人ではなく家族になった感じ。

あっという間に同棲生活をする事になった私達。同棲生活が始まった当初は、恋愛感情は無かったように思います。

「逃げ恥」の主人公たちの様に、色々な決め事を定期的に会議をしながら決めていました。「逃げ恥」の2人と違った所は「これは嫌だ」「これは不満」に感じた事は、すぐに本人に訴えてしょっちゅうケンカしていた事ですね。長らく一緒にいる時間が増えると、愛情というよりも家族といる様な感覚でした。相手の帰宅が遅くなると心配しますし、思う通りに動いてくれないとお互い怒ったりもします。

ですが、それは恋愛感情からくる「心配や怒り」ではありません。相手の事を大切に思っている・家族同然なので遠慮しないといった気持ちからでした。

そして、相手の嫌な所も見えますが良い所も当然見えてくるようになります。「この人ってXXだったんだ」「優しい所があるんだな」などなど。相手の良い部分が実感できるようになった頃「私はこの人が好きなんだ」と何となくですが感じるようになりました。

それに伴い、いちゃいちゃする時間も増えていき、恋愛感情が芽生えた気がします。

でも、私にとって夫(当時彼氏)は、あくまでも「家族の様に大切な存在>>>>>>恋愛感情」。現在に至るまで、この気持ちは変わりません。ですが、結婚7年目になっても夫とはうまくいっています。

恋愛感情なしで結婚ってどうなの?:経験者の考え

「恋愛感情なしで結婚するのは不可能なのか」と聞かれたら、私は「不可能ではない」と答えます。ですが、相手が自分と合わない・生理的に受け付けない外見・ギャンブル中毒で借金まみれなどの理由がある場合は、恋愛感情なしでの結婚はしない方が良いです(※そんな人と結婚なんてしたくありませんけどね)

あくまでも、ある程度自分の「条件」に合致した相手ではないと幸せな結婚をする事は出来ない可能性が高いと思います。だからといって、自分のタイプそのものでなくても大丈夫。実際、夫の外見は全然タイプではありませんし、年上が良かったなと、結婚相手として想定していた「理想の配偶者」とはかけ離れています。

「しばらくの間、一緒に過ごしてみてこの人と居ると居心地がいいなと感じるけど、恋愛感情なんてない。ときめかない。どうしよう」

私自身が婚活をしていた時に、婚活をしている人のブログを読んでいると、上記の理由で「お断り」してしまうケースをたくさん読んできましたが、その人達はなにか勘違いしているのではと今では思います。

結婚は恋愛ではなくて、日々の生活の繰り返し。「恋愛感情やトキメキを感じる」だけで結婚しても、恋愛感情はやがて薄らいでいくものなので幸せな未来は確約できません。結婚するのであれば「自分が自然体でいる事ができる」「相手の事を大切に思う気持ち」の方が恋愛感情よりも重要です。

なので、繰り返しになりますが、私は「恋愛感情なしでも結婚できるし、幸せな日々を送れる。恋愛感情なしでも問題はない。ただし、相手の事を大切に思う気持ちとある程度の価値観が自分と似ていないと厳しい」という結論に達しました。

現在では恋愛結婚が主流ではありますが、マイナーであるネット婚活で結婚した私は子供にも恵まれ、幸せな日々を送っています。出会いの形なんてどうでもいいのです。そこに恋愛感情がなくても。


恋愛すっとばして、結婚相手を見つけたいあなたへ

上でも述べましたが、とりあえずある程度自分の条件に合った結婚相手を見つけたいあなたには婚活をしてみてはいかがでしょうか。
「婚活なんてモテない男女がするもの」と思ったら大間違い。スペックの高い男女も相当数いますので、その辺はご安心下さい。大手企業の福利厚生の1つとして結婚相談所へ入会しているケースもあるくらいですので、抱いているイメージとは全然違います。

少なくとも、私は婚活をして良かったです。

【あなたにおすすめ婚活リンク集】
▶ とりあえず無料で婚活サイトに登録するならユーブライド
▶ 私が成婚できた婚活サイトはエキサイト婚活
▶ 婚活サイトなのに手厚いサポートもある恋愛・結婚情報サービス エンジェル
▶ 無料オンライン無料診断申込み・資料請求できるオーネット
▶ 無料で出来る結婚相談所の比較はズバット結婚サービス比較

  • この記事を書いた人
ぷにく

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。 環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。 豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

-婚活コラム

Copyright© ぷにぷにログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.