留学中辛かった事まとめ。留学=楽しくて夢があるなんてウソ

海外留学には夢がいっぱい。ネットで検索すると、キラキラとしてエピソードがたくさん書かれているので、留学ってきっと楽しいんだろうなという想いを抱いているのではないでしょうか。

しかし、キラキラした素敵な留学がすべてではありません。

私はオーストラリアへ2年ほど語学留学(半年間:語学留学、1年半:現地大学)をしていましたが、辛い事がたくさんありました。そして、留学したことすら後悔しています。「留学したら楽しい生活がはじまるんだ!」なんて甘い考えで留学を考えているのであれば、マジで辛くて後悔した私の留学体験談を読んでから留学するかどうか決めて下さい。

オーストラリア留学中に辛かった事まとめ

友達がまったくできなかった

私は日本にいるときは、友達が少ない方でした。それは私の性格が消極的だからかもしれません。
しかしながら「留学したら、私は外国人だからいっぱい話しかけられて友達もたくさんできるはず」と甘い幻想を抱いていました。

でも実際には、語学学校にいた半年ほどは友達ゼロ。大学に入学すると現地人との知り合いがたくさん増えましたが、友達と呼べる人は数名しか出来ませんでした。

そこらへんの日本人が海外留学したからってチヤホヤされることはまずありません。日本と違ってたくさんの人種が入り乱れているので、珍しがられることはないですし。

「これでもか!」という位、積極的にならないと友達すらできずに孤独な留学生活になります。私は友達ゼロだった半年間はとても辛かったですし、日本に帰国しようかと悩みました。キラキラと輝くような留学生活とは程遠かったな…。

英語がびっくりするほど聞き取れない/出来ない/たいして上達しない

私は英語が特別得意ではありませんでしたが、短大で英文科に所属。英語で授業を受けていたので「なんとかなるでしょ」と思っていました。

でも、語学学校の授業ではまったく何を言っているのかわかりません。周りの留学生の変な英語がちらっとわかる程度。はじめの頃は、言っていることの3割もわかってなかったかも。ゆっくり簡単な言葉で話してやっと理解できる感じでした。

2年留学して必死に勉強しても留学前に想像していた「英語ペラペラ」には程遠い程度にしか上達せず。ビジネス英語として生かせる位の高度な英語力なんてつきませんでした。せいぜい、日常生活で困らない程度にしかならず、理想と現実のギャップを感じました。

子供扱いされる

英語が出来ない上に、日本人は若く見えるので(ついでに私が小柄)、どこにいっても子供扱いされました。
これを辛いと感じるかは人それぞれですが、私はとても辛かったです。クラスメイトにも「この子は英語できないし、幼いし、小学生が紛れているの?」みたいな感じで、見下されていてバカにされている雰囲気は英語が苦手でもすぐにわかりました。

まるではれものに触る様に、ゆっくりと簡単な文章で話してくるんです…。ま、全員が全員そんな人たちではなかったのが救いです。私はたまたま運よく「日本大好き」な現地人と仲良くなったので、なんとかやり過ごせてこれましたが、もし理解してくれる人がいなかったら辛過ぎて帰国してたと思います。

語学学校+大学の課題が多すぎて、連日徹夜

留学中は、とにかく語学学校や大学の課題に追われる日々が続きました。1学期分(約3ヶ月)の課題は以下の通り。

・プレゼンテーション×4
・論文(3,000文字くらい)×8
・テスト×4
・その他確認テストなどたくさん

ただでさえ授業に追い付けないのに、これだけの課題をこなすには徹夜するしか方法がありません。
幸いにも友達の現地人に手伝ってもらって何とかなりましたが、一人だったらギブアップしてたかな…。とにかく提出日が近くなると寝る間も惜しんで勉強(課題)をしていたので、悠々自適に楽しい留学生活なんて程遠かったですね。

大学が休みの期間は、思いっきり遊びました。きっと楽しい留学体験談って大学や語学学校が休みの時のエピソードなんじゃないかな。たぶん。

シェアメイトとのそりが合わず地獄

私はインドネシア人とシェアをして、大学近くの賃貸アパートみたいなところに住んでいました。最初はなんとかうまくいっていたのですが、あまりにも性格や考え方の違いがあり、次第にアパートに帰るのも憂うつな気持ちに。

アパートを飛び出して別の場所に引越しすればよかったのかもしれませんが、色々と気力がなく結局2年間そのまま。アパートに帰ってきたらシェアメイトと顔を合わせないようにしつつ、ほとんど自分の部屋に引きこもってました。

大学に行ってもバカにされるし、アパートに帰ってきてもなんだかしんどい。友達ゼロだった半年間はまじで地獄。現地の友人ができてからは、友人の家に泊まる事が多かったです。アパートに帰りたくなかったので。

食べ物全般まずい

精神的にキツイ留学生活。
食べ物でストレス発散をしようにも、食べ物とんでもないほどまずかったので、食事も楽しめませんでした。
欧米諸国に留学すると太るイメージがある方も多いと思いますが、私は食事が合わなくて6キロほどやせました。留学して思う事は「日本は世界一食事が美味しい。もうそれだけで住む価値がある」とさえ思っています。


光もあれば影もある。承知の上で留学を

ポジティブな海外留学体験談ばかりが目に焼き付いて、留学=成長できる・楽しい・すばらしいと思っているあなた。

それは間違いです。私の様に辛くておもしろくもなんともない留学を経験した人たちもたくさんいることも頭の隅に入れて、海外留学に臨んでください。

オーストラリア留学を現地から支援。無料で留学相談や入学手続を代行。
アイエス留学ネットワーク
何かあった時のための留学保険
AIG損保の留学生用プラン

関連記事一覧