【帝王切開】産後1ヶ月の身体の状態の体験談【30代前半・初産】

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s怒涛の緊急帝王切開から早いもので1ヶ月半たちました。

妊娠中は出産予定日までまだかまだかと指折り数えていたくらいでしたが、必死に育児をしていると本当にあっという間に時が流れていきます。
このままあっという間に今年も終わってしまう…。

なんとなく身体は妊娠前に戻ってきたようなそうでないような。忘れないうちに、産後1ヶ月の身体の状態を振り返ってみました。

産後(帝王切開)1ヶ月の身体の状態

帝王切開の傷や痛み

入院していた時は身体がまだちゃんと動かなくて、寝返りを打つだけで「イタタタ…」となっていて、「いつ普通の状態に戻れるのだろうか」とネガティブになっていました。

大体産後2週間くらい経ってからですが、起き上がったり立ち上がったりする時の激痛がなくなりました

産後1ヶ月の時点では、気にならない程度の痛さになって、やっと夜中の授乳がキツイと(身体的な意味で)思わなくなりました。

くしゃみしたり笑ったりしたら今でも痛いですけどね。花粉症を患っていなくて本当によかったです。

私は横切りで帝王切開を行ったのですが傷跡は殆どわかりません。
夫に見せても「どこを切ったんだっけ」と言われる位、目立ちません。

 

体重はほぼ元通り!

・出産直前 +7.1キロ
・退院時  +7.4キロ
・1ヶ月検診時 +0.8キロ

私はミルク寄りの混合育児ですが、体重はほぼ元通りに戻りました。

私は妊娠糖尿病で糖尿病へ移行するのではないかと若干ビクビクしながら経過観察をしていますので、食べる量は妊娠中とあまり変えていません。そんな事情があり、育児≒消費カロリー>摂取カロリーとなっているようで、するすると体重が落ちていきました。

来月にはマイナスになりそう。

ウエストは元に戻らず、お腹の皮膚がたるんでいます

ウエストに関しては戻りきっていません。
妊娠前よりも+7cm位です。
妊娠前のズボン等は履けますがかなりキツイ。

帝王切開なので、お腹の筋肉を使うような動作はしばらくできません。なので、ウエストはしばらくこのまま戻らないのではないかと思います。ズボンとスカート買いかえないといけないかも。

胸が大きくなりました!

私は元々Bカップでしたが、C~Dカップ位の間にはなりました
そこまで母乳は出てないんですけどね。

もしかして、今後もっと母乳が出たらもっと大きくなるんでしょうか。

まだまだ無理は禁物!運動はNG

出産後、散々病院で「回復が遅い」と言われた私ですが1ヶ月経った今、日常生活を送る上では全く問題ない位に身体は回復しました。ですが、やっぱり帝王切開の傷は痛いですし、うっかりおおきなくしゃみをしたらお腹(子宮?)がかなり傷みます。

1ヶ月検診の際に、帝王切開の場合、半年は激しい運動はNG・重労働もNGと言われました。

大丈夫と思って無理をしてしまうと子宮の回復がかなり遅れてしまうみたい。

我が家では2人目(3人目も可)の計画もしていますので、無理せず子宮に負担をなるべくかけないようにしたいと思います。

帝王切開で分娩したママへ

帝王切開で出産すると、産後寝返りもままならなくて育児も大変ですよね。
私自身、産後しばらくは身体中激痛が走っていました。

出産入院中に夫がマットレスを購入してくれたのですが、寝返りもしやすくて産後の体力回復にとても役立ちました。

あまりにも寝心地がいいので、今でもマットレスを敷いて寝ています。

数あるマットレスの中でも特にオススメなのが「エンジェルサポートマット」です。

エンジェルサポートマットは、快眠を追及する寝具の老舗「西川リビング」が、多くの妊婦さんや出産後の方たちと関わり、妊婦さんの生活や体について研究されてきた赤井先生(母性・助産学教授・保健看護学博士・助産師)とともに、妊娠中も産後もできるだけ快適に眠れるように研究・開発した敷きマットです。

育児は体力勝負です。
自分の身体も労りましょう。



>>エンジェルサポートマットを見てみる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

30代前半。1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を転々としてきました。その後独立。WEB運営業を行っております。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る