生協

【里帰りなし出産】産後の食事に生協(コープデリ・パルシステム)が便利。生協の商品を使用した食事(おかず)例紹介。

投稿日:2018/09/28 更新日:

里帰り出産なしの産後は、想像以上に大変です。特に帝王切開の場合は、動くのもままならない状態に…。
私は、今回第2子を帝王切開にて出産しました。上の子(イヤイヤ期)の対応と赤ちゃんのお世話だけで精一杯なのはわかっていたので、家事については手を抜きました。

食事については母乳育児の事も考えると栄養面もある程度考えたい所ですが、いちいち考えて作るのも面倒。買い物だって思うように行けません。なので、私はネットスーパーと生協の宅配を駆使してなんとか乗り越えました。

生協(コープデリ・パルシステム)は、産前から「小さい子供がいると便利」という情報をなんとなく聞いていたのですが、実際に使用してみると食事準備の負担は軽減されますし、飽きの来ない食事を用意することが出来て大助かり。生協のメリット・デメリットと生協で注文した商品を利用した食事(おかず)例も併せて写真付きで紹介します。「生協は便利らしいけど、実際どうなの」と気になっている方の参考になればと思います。

生協(コープデリ・パルシステム)のメリット・デメリット@産後ママ視点

生協は全国各地に様々な組合が存在します。私は関東在住ですが、関東ではコープデリパルシステムが有名です。
妊娠中に(図ったかのように)コープデリ・パルシステムのセールスが来たので、両方加入しました。私が感じたこの2つの生協のメリット・デメリットは以下。

生協(コープデリ・パルシステム)のメリットは?

留守でも玄関先まで商品を届けてくれる

赤ちゃんがいると在宅していても、寝かしつけやら授乳やらで玄関先に出られないことが多々あります。

生協は留守時でも玄関のドアノブに注文書をひっかけておけば、勝手にドライアイス入りの箱の中に注文した商品を入れてもらえますし、注文書も持っていってもらえます。私は配達員に「注文書をドアノブにかけている時は、インターホンを鳴らさないで下さい」と伝えているので、赤ちゃんや上の子が寝ていても安心です。

スーパーでは見かけないような商品も手に入る

生協には一般のスーパーなどでは見たことのない様な商品もたくさんあります。特に便利なのが大容量の冷凍食品
夫のお弁当おかずや上の子のおかずとして役立っています!業務スーパーでもこのような商品はありますが、大概は海外産。生協は安心の国産メーカー。味も美味しいですよ。

電子レンジや湯せん調理のみで作れる加工食品がたくさんある

産後でも毎日食事は取らないといけませんが、回復していない身体+赤ちゃんの世話では食事の準備もままなりません。
生協では、電子レンジや湯せんだけでささっとおかずになってしまう加工食品がたくさんあって便利。

▲湯せんするだけでささっと出来ました。

「本当に加工食品なの?」と疑う位クオリティの高いものもあります。がっつり食べたい夫にも好評だったのが良かったです。

健康に配慮したお弁当が安い(コープデリ)

産後は面倒なので宅配弁当を注文しようとお考えの方もいらっしゃると思います。でも、お弁当って高いですよね。コープデリでは健康に配慮したお弁当がなんと398円。これは、健康配慮をしたお弁当としては破格のお値段です。

▲この健康配慮弁当は398円ご飯の量がかなり多いので、成人女性であればこのお弁当1つでお腹いっぱいになると思います。

生協(コープデリ・パルシステム)のデメリットは?

スーパーで購入するよりは割高

生協はこだわった食材が多いからか「スーパーよりはちょっと割高かな?」と感じる商品が多々あります。といっても、本当に若干高い程度ですけどね。
節約目的で生協を利用するのには向いていません。我が家では、生協を使い始めてから食費が1万円程上がってしまいました
我が家では、産後の負担軽減が最優先と考えているので特に問題とは感じませんでした。

注文から商品が届くまで1週間かかる

生協は、固定された曜日(地域によって異なる)に注文をし、1週間後に注文した商品が届くシステムになっています。※月曜に注文した場合は、翌月曜日に商品が手元に届く

何を注文したのか忘れちゃう…

当初は子供の消耗品や日用品を生協で購入していたので「トイレットペーパーがなくなりそうだけど、生協で頼んだっけ…?」といった具合に困りました。なので、日常的に消耗していくものやすぐに欲しいものについては、Amazonや楽天市場などネットで購入して、生協では緊急性のない雑貨や夫の弁当おかず・食材に限定することにしたら、この問題はなんとかなりました。

生協オンリーで産後を乗り切るのは難しいですね。Amazonや楽天市場、ネットスーパーとの併用がベスト。

生協で注文した加工食品を使用して作った食事(おかず)まとめ

産後ママにとって、いかに食事準備の負担を軽減させるかが重要になってきます。実際に私が生協(コープデリ・パルシステム)で注文した商品を使ったおかずをまとめました。

上の子(2歳児)と自分の昼食で食べたもの

昼食では、電子レンジ調理で簡単に出来るチャーハン類や麺類を食べていました。

レンジで温めるだけで簡単に出来てしまうので、上の子に邪魔されずあっという間に出来ました。

夕食のおかずとして活躍したもの

▲湯せんで和風おろしハンバーグ。これは夫に好評でした。▲これも湯せん調理。チキンステーキ。▲これも湯せん。生協はお魚も美味しい。いちいちフライパンやグリルを使わなくていいので気軽にお魚を食べられるのがいいですね。


生協は里帰りなし出産を控えている産後ママに手助けになる。ただし食費節約は出来ない

産後の食事は宅配弁当を考えている方もいらっしゃると思いますが、産後体調が戻るまで人によっては数か月かかる事もあり、宅配弁当は飽きます。そして、味が濃すぎるor薄いという問題あり、家族全員が満足させるのは難しいのが難点。しかし、生協は様々な食材や加工食品があり、味も一般大衆が「美味しい」と感じるようなものが多いのでおすすめです。

「産後はどうしても節約したい」とお考えであれば生協は向いていませんが、1~2万円程度食費が上がってもいいのであれば、生協を選択肢の一つとしてアリですよ。

コープデリの資料を無料請求する パルシステムの資料を無料請求する

  • この記事を書いた人
ぷにく

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。 環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。 豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

-生協

Copyright© ぷにぷにログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.