コンビニ系ネットスーパー「セブンミール」と「ローソンフレッシュ」比較@産後ママ視点

「産後は買い物も行けないだろうから、ネットスーパー使ってみようかな」

赤ちゃんが産まれると、生活に慣れるまでは買い物もままなりません。そこで便利なのが、生協やネットスーパーです。私自身、産後は生協やネットスーパーを駆使して乗り越えました。

ネットスーパーといえば、イオンなどのスーパーが運営しているものをイメージする方が多いと思いますが、コンビニ系ネットスーパーというものがある事はご存知でしょうか。中でもセブンイレブンが運営する「セブン─イレブンのお届けサービス セブンミール」、ローソンが運営する「ローソンフレッシュ」は、スーパー系列のネットスーパーに引けを取らない位便利です。

実際に「セブンミール」「ローソンフレッシュ」を産後に利用した私が産後ママ視点で両者を比較してみました。コンビニ系ネットスーパーに興味のある方の参考になればと思います。

「セブンミール」VS「ローソンフレッシュ」@産後ママ視点

品揃えはどちらが豊富?

「コンビニ系ネットスーパーだから、コンビニで販売されているものしか取り扱っていないんでしょう?」と疑問に感じるかもしれませんが、セブンミール・ローソンフレッシュ共に品揃えは豊富で、コンビニで取り扱っている商品はもちろん、コンビニで取扱いのない限定商品も購入可能。しかも、生鮮食品から日用品まで取り扱いがあります。

特にローソンフレッシュは「成城石井」「ナチュラルローソン」「大地を守る会」「らでぃっしゅぼ~や」などの人気ブランド商品も合わせて購入出来てしまい、スーパー並の豊富な品揃えといっても過言ではありません。

▲ローソンフレッシュで取り扱っている人気ブランドの例。

ローソンフレッシュでは、紙おむつや粉ミルクなどもラインナップされていますので、様々なネット通販サイトを使う事なくまとめ買い出来てしまうのがありがたいですよ。いちいち「紙おむつはAmazon」「粉ミルクは楽天市場」と別のネット通販サイトで購入してると、わけわからなくなりますものね。一方、セブンミールは残念ながらベビー用品の取り扱いはありません。

結論
セブンミール・ローソンフレッシュ共に品揃えは豊富。ただし、セブンミールは紙おむつなどベビー用品は取り扱っていないのが残念。

産後ママにはありがたい宅配弁当事情

産後はバタバタしているので、宅配弁当も検討している方もいらっしゃると思います。母乳育児の事も考えて健康宅配弁当がいいなとお考えの方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

セブンミール・ローソンフレッシュ共に、医者や管理栄養士が栄養バランスを監修したお弁当・お惣菜セットも取り扱っています。

セブンミールの健康宅配弁当について

セブンミールでは「おまかせ御膳(ご飯付き)」「すこやか膳(おかずのみ)」といった医師・管理栄養士が栄養バランスを監修した日替わりのお弁当があります。カロリー、塩分、たんぱく質など、理想的な栄養バランスに配慮しており、毎日その日に作って自宅や最寄りのセブンイレブンで受け取りができます。

1食あたりの目安おまかせ御膳すこやか膳
カロリー560kcal300kcal
塩分2.7g2.5g
たんぱく質20g20g
野菜100g120g

1食あたり510円(送料無料)。1日分からまとめて1週間分まで注文可・配達時間は昼便(12時頃までに配達)か夕便(19時頃までに配達)のいずれかを選択可能。スマホからも注文できますので、育児のスキマ時間にささっと調達しておくとよいですね。お弁当はその日に製造されたものを自宅もしくは近隣のセブンイレブンまで毎日届けてくれるシステムです。365日年中無休。

ローソンフレッシュの健康宅配弁当について

ローソンフレッシュでは、別メーカーの健康宅配弁当が販売されています。
1食あたり平均糖質6.1g「食宅便」と1食あたりのカロリー300kcal以下に抑えている「ワタミの宅食」の健康宅配弁当があります。どちらもおかずのみのセットです。

ちなみに、私は複数メーカーの健康宅配弁当を食べてきましたが「食宅便」程低糖質な宅配弁当は聞いたことがありません。食宅便は、妊娠糖尿病や産後ダイエットなどで糖質及び栄養バランスが気になる方にはおすすめ。食宅便のサイト内でも低糖質な宅配弁当は販売されていますが、大人気なのか度々生産が追い付かず品切れ状態になっている事もあり「どうしてもこのタイミングで低糖質宅配弁当が欲しい」という場合に、私はローソンフレッシュを経由して食宅便の健康宅配弁当を購入しています。

コスパがいいのはどっち?

商品の値段については、どちらもさほど違いはありません。
しかし、セブンミールは500円以上送料無料なのに対し、ローソンフレッシュは5,000円以上の購入でやっと送料無料(首都圏以外は7,000円以上送料無料
気軽にちょこっと購入したい方はセブンミール、様々な商品をまとめ買いするという方はローソンフレッシュが向いていますね。

「セブンミール」「ローソンフレッシュ」のメリット

<セブンミール>
・500円以上で送料無料
・365日土日祝日も注文/お届け可能
・セブンイレブンでも受け取り可能

<ローソンフレッシュ>
・様々な人気ブランドの商品が購入可能
・ベビー用品の取り扱いあり
・低糖質な宅配弁当が購入可能

「セブンミール」「ローソンフレッシュ」のデメリット

<セブンミール>
・ベビー用品の取り扱いがない
・セブンイレブンのない地域は配送不可

<ローソンフレッシュ>
・送料が高い
・どこに何の商品があるのか、サイトがわかりにくい

「セブンミール」「ローソンフレッシュ」比較まとめ

セブンミールは、500円以上送料無料なので「ちょこっと買い」をしたい方に向いています。ただし、ベビー用品の取り扱いがないのでそこは残念。

ローソンフレッシュはベビー用品や低糖質な宅配弁当、様々な人気ブランドの商品の取り扱いがあり品揃えとしては、ローソンフレッシュの方が上。ただし、送料無料ラインが高い(首都圏:5,000円以上、その他地域:7,000円以上)ので、気軽には使いにくいですね。

しかし、コンビニ系ネットスーパーとあなどる事なかれ。ヘタなネットスーパーよりも取り扱い商品が多いので便利ですよ。

「セブンミール」のサイトを見る
「ローソンフレッシュ」のサイトを見る  


関連記事一覧