子供のおもちゃの乾電池から白い粉。子供への害と対処法について

家電製品の電池を交換しようとふたを開けたら、白い粉が電池から出ている経験はありますか?古いリモコンや久しぶりに使用するラジオなどで経験がある人はいるかもしれません。

先日、子供が遊んでいる玩具の電池を交換するとき、電池の1本に黒い錆びと白い粉がついていました。私は何気なく電池を交換しましたが、後々調べるととんでもない事だとわかりました。

乾電池の白い粉の正体

乾電池にはアルカリ電池とマンガン電池の2種類あります。白い粉は乾電池内の「電解水」が漏れて外に出た物です。2種類の粉についてまとめました。

・アルカリ電池
乾電池エボルタ、アルカリ乾電池やオキシライド乾電池の電解水は「水酸化カリウム」で非常に強いアルカリ性です。目に入ったり、皮膚につくと失明や火傷の恐れがあります。特に目に入ると、徐々に失明していく恐ろしい液体です。
白い粉は「水酸化カリウム」が空気中の二酸化炭素と結合し「炭酸カリウム」になったものです。若干、アルカリ性は弱まっていますが、目に入ると失明の恐れがあり、非常に危険な粉です。できるだけ素手で触らず、手袋をして粉を除去してください。除去できたら何度も水拭きをすると完璧になくなることがあります。

・マンガン電池
マンガン電池の電解水は「塩化亜鉛の水溶液」で弱酸性です。白い粉は塩化亜鉛がほとんどになります。中性に近い酸性のため、肌に触れてもほとんど影響はありませんが、塩化亜鉛の微粉は目や呼吸器に刺激があるので、注意が必要です。

アルカリ電池の白い粉は非常に危険で、子供が触れたら失明など一生の傷を負わせる可能性があります。もし、電解水の漏れを発見したら子供のいないところで、ゴム手袋をして処理したほうがよさそうです。

後程詳しく説明しますが、電解水が異なるということは、性能が異なりアルカリ電池とマンガン電池を併用して使用することは大変危険です。過放電して液漏れを起こす可能性があります。また、充電池やエボルタ電池などもアルカリ電池と性能が異なるため、併用は絶対にしてはいけません。使用する際は同じメーカーの電池を使用しましょう。

液漏れや白い粉が発生する原因

液漏れや白い粉が発生するのは様々な原因があります。

1.異種混合やスイッチをオンしたままの過放電

液漏れの一番多いケースです。容量の異なる電池や新旧異なる電池を併用して使用すると、容量の少ない電池が過放電となるため、そのまま残量のある電池で強制的に放電されるため、過放電の電池の内部でガスが急激に発生し高圧力となることでガスが放出され液もれが発生します。

また、スイッチをオン状態のまま放置した場合、玩具などメモリ機能を備えている機器は、微小な電流を放出し続けて、電池の容量を使い切り過放電になる傾向があります。

これらの機器は一定期間使用したら、必ずすべての電池を交換したほうが良いです。

2.落下や移動による損傷

輸送中や使用中に落下などの外部的要因によって、目に見えない破損や劣化によって内部の密閉度が下がり、電解水が漏れることがあります。外部的要因だけでなく、高温・多湿などの環境悪化によっても錆などによって密閉度が下がることがあります。

3.電池の逆挿入

電池2本挿入で1本逆挿入した場合、非常に高温になり、機器を溶かす恐れがあります。また、3本挿入で1本逆挿入した場合は逆挿入した電池に充電され、ガスが発生しガス放出とともに液漏れを起こします。逆挿入した場合、機器は起動しないと思われがちですが、逆接続防止構造をしていない機器はほとんど作動します。液漏れは早くて数時間、遅いと数週間かかります。

実際に発生した場合の対処法

液漏れを起こし、白い粉が発生した電池の多くは錆も発生しています。そのため、白い粉だけでなく錆も除去しなくては、新しい電池を入れた際、通電状態が悪くなり、更なる不具合を発生させる恐れもあります。除去の手順を実際の写真と共にご紹介します。

1.白い粉が発生した電池の除去
ゴム手袋をして、白い粉が発生した電池を除去します。除去したらセロハンテープを±部分に張り付け、絶縁しビニール袋に入れて白い粉が散らばらないようにします。
電池の液漏れ箇所です。マイナス部分の板が外れて液漏れしています。よく見ると焦げているので、発火の恐れがあり危険な状態でした。

2.機器を水ぶき及びアルコールティッシュで拭く

電池を除去した後、機器にたまった白い粉を除去します。除去出来たら水拭きで念入りに拭き取り、アルコールティッシュで金具部分を拭きます。アルコールティッシュは錆や汚れをよく落としますが、全てを除去できません。写真の下面が液漏れした電池部分ですが、金具に錆がまだ残っています。

3.紙やすりとドライバーで錆を剥がし556で拭き取る

落としきれなかった錆は新しい電池にも悪影響を及ぼす可能性があります。そこで紙やすりと-ドライバーで出来る限り、錆を削り落とします。錆を削り落としたら、最後にCRC556を塗って終了です。CRC556は錆止めだけでなく、通電にも良好なためお守りとして塗っておきます。100%は落としきれませんでしたが、ある程度良い状態になりました。


電池種類における得意分野

最後に電池種類における使用方法についてです。アルカリ電池とマンガン電池はそれぞれ特性があり、得意分野が異なります。

・アルカリ電池
大容量でパワーもあるため、大電流で連続して使用する機器に最適
★向いている機器
ラジコンカー、乗り物系の電動おもちゃ、光るおもちゃ、デジタルカメラ、ワイヤレスマウス、懐中電灯など

・マンガン電池
微弱な電流でよい機器、休み休み使う機器に最適。パワー、容量はアルカリ電池より劣るが電圧が回復する特性がある
★向いている機器
掛け時計・置時計。テレビやエアコンのリモコン

アルカリ及びマンガンどちらも特性があり、メリットデメリットがあります。玩具に関してはミニ四駆でもない限り、消耗電流が低いのでマンガン電池で充分かと思っています。むしろ、休み休み使用するケースが多いのでマンガン電池の方が長持ちするかもしれません。

何となく使用していた電池ですが、調べてみると奥が深いです。皆さんも電池を見直してみましょう。


関連記事一覧