おもちゃ

シルバニア好きの3歳男の子。息子の性格やシルバニアで覚えた言葉について

投稿日:

男の子が遊ぶ玩具は「戦隊物」「怪獣・恐竜」「車など乗り物」「アンパンマン」など戦いや体を動かすタイプが多いです。逆に女の子は「キティちゃん」「ポポちゃん」「シルバニア」など可愛いタイプのおもちゃがほとんど。

我が家の3歳長男は女の子玩具が大好きなイレギュラーな男の子。特にシルバニアファミリーが大好きで、暇があるとシルバニアの本を持ってきて読書をせがまれる毎日です。

シルバニア好きの男の子について調べた結果や性格などをまとめました。

シルバニア好きの男の子はいるの?

息子がシルバニアに興味を持ったきっかけは、幼児雑誌「めばえ」のシルバニア特集のページを見たことです。それまでは、トミカの車やプラレールなどのおもちゃで遊んでいました。
一番初めに興味を持ったページがこれです。うさぎや洗濯物などの名前について何度も聞かれ、30分近くこのページを眺めているときもありました。
シルバニアのページに興味を持ってから、おもちゃで遊ぶことがなくなり絵本しか読みません。そこでシルバニアの絵本を買い与えてみると大喜び。その後、何冊かシルバニアの絵本を購入し、今では妹(1歳)と仲良く絵本を読んでいます。

▲息子のバイブル集。読みすぎて端がボロボロになっています。

▲1歳の娘もシルバニア好きになりました。2人で仲良く読んでいます。

息子の場合、シルバニアのそのものには興味がありません。おもちゃ売り場に行っても人形や家などは欲しがらず、ディスプレイを妹と興奮して見ているだけです。試しにシルバニアのサンプルで遊ばせてみましたが、少しいじるだけで終わってしまいました。シルバニアではなく、絵本の雰囲気が好きなのかもしれません。

男の子でも好きな子はいるのか?

他にもシルバニア好きな男の子がいるのか探してみたところ、一定数いることがわかりました。

シルバニア専門店に足を運んだことがありますが、3歳の男の子が興奮してシルバニアを欲しがっていました。幼児は男女は関係ないのかもしれません。しかし、シルバニア絵本のみに興味がある子はいませんでした。

ブログや質問集を読んでみると、シルバニア好きの男の子は大人しい性格が多いです。息子も男の子にしては大人しく、お手伝いや妹の面倒を見ることが大好きです。行動するより、見て覚えるタイプのようで散歩やウィンドウショッピングが習慣になっています。


シルバニアでボキャプラリー激増

シルバニアは人間生活を送る可愛い動物という構成です。そのため日常生活の様子や実際の道具などリアルな小物が登場します。現実世界とリンクしやすいため、言葉を覚えるには最適なおもちゃかもしれません。息子もシルバニアを読むようになってから、劇的にボキャブラリーが増えました。普段使わない横文字の言葉も覚えましたね。

★シルバニアの絵本で覚えた言葉の一部
・雑貨屋さん・雪・サンタクロース・スケート・そり・ハロウィン・橋・りす・トイプードル・ケーキ屋さん・洋服屋さん・デパート・4階建て・屋根・マーケットなど

単語だけでなく組み合わせの文章も格段に向上し、絵本の説明文を暗記しています。最近は一緒に説明文を読むことによって、言葉の上達に貢献しているようです。
▲シルバニアを読んでご満悦な様子

男の子だからシルバニアで遊ばせないと決めつけず、子供が興味を持った物に対して一緒に遊んであげてみましょう。


  • この記事を書いた人
ぷにく

ぷにく

千葉県在住、2児(男女)の母。 環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。 豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に長男・長女を授かりました。

-おもちゃ

Copyright© ぷにぷにログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.