【SIDS対策】ベビーセンサーで赤ちゃんを守ろう オススメ乳幼児センサー5選 

IMG_1355

SIDS:乳幼児突然死亡症候群
それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく眠っている間に突然死亡してしまう病気
日本での発症頻度はおよそ出生6,000~7,000人に1人と推定され、生後2ヵ月から6ヵ月の乳児に多い
参照:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/sids.html

最近、保育園でもうつぶせ寝で赤ちゃんが息を引き取るケースが相次いでいます。実はこれもほとんどが乳幼児突然死棒症候群と分類されることが多いです。

「6,000人に1人だったら確率低いから大丈夫じゃない?」
そう思う人が多いかもしれません。

この数字には落とし穴があります。

SIDSは解剖しても死亡原因を特定できない場合を指します。
すなわち、我が子を解剖しなければなりません。
解剖しない場合は全て不詳扱いされます。

自分の子供を亡くなったからといって解剖できる人はなかなかいません。
ですから実数はもっと多いと言えるでしょう。

筆者の場合はSIDS対策にエンジェルケア ベビーモニター を購入しました。
※ベビーセンサーのレビューはこちら

実は購入後に何度かセンサーが反応して夜中飛び起きたことがあります。
我が子はセンサー音か私達の動きどちらに反応しているか分かりませんが、呼吸を再開するような動作をその度に起こしていました。
ベビーセンサーによって我が家はSIDSを予防できているのかもしれません。

ベビーセンサーは様々なメーカーで発売されています。
日本ではあまり知られていませんが海外では有名なメーカーだらけです。
そこで今回は筆者オススメベビーセンサーをご紹介します。

皆さんも是非参考にしてみて下さい。

注意!
ベビーセンサーの多くは輸入品です。
日本の企業では取り扱いが少ないので、すぐに品切れになってしまう様です。
定期的に確認していますが、下記で紹介しているベビーセンサーが売り切れている可能性もあります事をご了承下さい。

Amazonでは下記のオススメ品以外にも沢山のベビーセンサーが販売されていますので、参考にどうぞ。

>>Amazonでベビーセンサーを探す

 

エンジェルケア ベビーモニター


 icon-arrow-circle-right 【日本語訳説明書付き】angelcare ac401 エンジェルケア ベビーモニター 【送料無料】【並行輸入品】
我が家でも購入したベビーセンサーです。
ベビーベットの下にセンサーを設置し、赤ちゃんの動きに反応してアラームが鳴る仕組みです。
このセンサーのお蔭で夜安心して眠れるようになりました。
本当に購入してよかった商品です。
詳しい購入レビューは以下。

【ベビーセンサー】エンジェルケア AC401レビュー【SIDS対策】
はじめに ベビーセンサーは日本ではあまり普及していないという事もあり、レビュー記事をほとんど見かけません。当サイトではSIDSの...
10/15追記
現在のセンサーパッドはモデルチェンジにより、白へと変更になっております。

ホームページやamazon等の写真を拝見してもアクアなので、偽物なのか?と勘違いしそうですが、どうやらモデルチェンジをしているとの事。

エンジェルケア本社に問い合わせた返信を下記に載せます。

エンジェルケアより返信(原文)

Thank you for choosing Angelcare. All of our sensor pads are exactly the same despite the color. The newer sensor pads are all white now, but rest assured your sensor pad will work just the same even though it is not the same color as advertised.

Kind regards,

Samantha Jenne

Angelcare Monitors Customer Service/Service a la Clientele
angelcare@cdecinc.ca

Toll-Free : 877 -281-8827
Local: 450-263-8827 ext 106

Mon – Fri 8am to 7pm Eastern Standard Time

簡単に翻訳するとセンサーパッドは白へと変更しており、使用上何も問題ない。きちんと動作するので安心して使って欲しいとのことだそうです。

ちなみに白パッドへと変更した写真は▼です。
dscn1092

もし、購入して白パッドが届いても、安心してご使用下さい。

【10/26追記】
先日、エンジェルケアは畳の上で使用可能か?と質問をいただきました。
結論から申し上げると、できます。というより現在我が家では畳の上で使用しています。

懸念事項である、親の動きを感知しないか?という事ですが、布団を5cm程離せば親の動きは感知していません。
そのため、添い寝をする事も可能ということです。

一番の問題点は親の寝相が悪い場合です。子供の布団に身体を預けたりすると、当然動きを感知してしまいます。
というか寝相が悪い親は子供の上に覆いかぶさる危険があるので、添い寝自体厳禁ですね。

ベビーセンス 乳幼児感知センサー


 icon-arrow-circle-right Babysense 5s ベビーセンス 乳幼児用モニター(監視装置) 乳幼児突然死症候群(SIDS)予防 [並行輸入品]
ベビーセンス社のベビーセンサーです。
日本ではこちらの商品の方が有名だと思います。
産婦人科でも多く使われている商品であり、能力は折り紙付きです。
使い方はエンジェルケアと同じで、布団の下に板状のセンサーを敷くだけなので簡単ですよ。

スヌーザ ヒーロー ベビー セーフティ


 icon-arrow-circle-right 【国内正規品】SNUZA HERO スヌーザ ヒーロー 赤ちゃん用動作モニター 体動センサ SNH-01 ベビーモニター 1年メーカー保証付き
赤ちゃんと添い寝する場合はこちらの商品がオススメです。
ベビーセンサーで唯一、正規品をアマゾンのみ取り扱っています。並行輸入もいいですが、「安心」「安全」を考えると正規品のほうがお勧めです。

オムツに取り付けるタイプですので、添い寝しても赤ちゃんの動きのみ反応します。
15秒以内に動きが確認されなければ、振動して赤ちゃんを優しく起こし、動きが20秒感じられなければ親に警報音で異常を教えてくれます。
たまに外れてしまう事は難点ですが…。
それでも、添い寝はSIDSの発生頻度が高いので、センサー取り付けをしていれば万が一の時に安心できますね。

詳しいレビューはこちら。

【SIDS対策ベビーセンサー】添い寝でも安心 Snuza Hero スヌーザ ヒーロー レビュー
はじめに ベビーセンサーは日本ではあまり普及していないという事もあり、レビュー記事をほとんど見かけません。当サイトではSIDSの...

Sleep and Breathing Baby Monitor ベビーモニター Safe To Sleep社


 icon-arrow-circle-right SLPMAT-BUN Sleep and Breathing Baby Monitor ベビーモニター Safe To Sleep社【並行輸入】

こちらの商品はエンジェルケア、ベビーセンスと同じで布団の下にセンサーマットを敷くタイプです。
違う点はスマホと連動して赤ちゃんの様子を確認できる事。特に心拍を逐一確認できる点は魅力的ですね。
baby
欠点もあります。それはスマホでダウンロードできるページが英語でしか対応していないところです。
ただ、こういう商品は使っていくうちに段々分かっていくので何とかなるでしょう。
もしスマホと連動して赤ちゃんの状態を確認したい方にはおすすめ商品です。

ベビーモニター Respisense ditto


 icon-arrow-circle-right 音と振動で赤ちゃんを守る ベビーモニター 新生児用 服 に装着 小型 モニター 通販 モデル Respisense ditto
こちらもスヌーザーヒーローと同じで赤ちゃんのオムツに取り付けるタイプです。1500時間と長時間使用でき、軽量設計のため赤ちゃんの負担にならないところが利点です。
あまり、メジャーではないところが唯一のデメリットかもしれません。

最後に

「ベビーセンサーを買うなんて大袈裟」と思う人も多いかもしれません。
ですが欧米ではベビーセンサーが広く普及しているのに、なぜ日本では普及しないのか不思議でなりません。

赤ちゃんの命はなによりも大切です。
ベビーセンサーは確かに安いものではありませんが、最優先で揃えるべき育児用品でしょう。

他のベビーセンサーを探す

ベビーセンサーは輸入品が多く、すぐに売り切れてしまう傾向がある様です。Amazonでは上記で紹介したもの以外にも沢山のベビーセンサーが販売されていますので、参考にどうぞ。

>>Amazonでベビーセンサーを探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。現在は製造メーカーで生産管理として勤務中。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る