【口コミ】ソルボ外反母趾サポーターレビュー。親指の付け根が痛いので購入した結果

gaihan1私は10代後半あたりから外反母趾になっていました。とは言え、見た目が悪い以外は特に問題がなかったので、そのまま放置し続ける事数十年。外反母趾対策はしていませんでした。

ところが、出産してから抱っこ紐で子供を背負いながら買い物などに行くようになったのですが、そのあたりから「親指の付け根が痛い?」と感じるようになりました。子供を背負っている分、重心が足にかかり、元々かばうように歩いていた足の親指に力がかかっているからだと思います。そして、親指が痛くなり、歩く際に小指側に重心を寄せて歩く(元々そんな傾向はありましたが)ようになってしまい、アンバランスな歩き方に…。

「このままだと、バランスを崩して子供に怪我をさせてしまうかも」

自分だけの問題であれば、そのまま何もしなかったかもしれませんが、子供に危害が加わるかもしれないと思うといても経っても居られず、とりあえず「この痛みを和らげる外反母趾サポーターはないものか」と探してみつけたのが、ソルボ外反母趾サポーターでした。

歩行年齢測定で+30歳!もう呑気に構えていられない…

「親指の付け根が痛いかもしれない」「子供が危ない」という事以外に、私が外反母趾サポーターの購入に至ったきっかけはもう1つあります。というよりも、これが決定打となりました。

先日とある場所を訪れた時に「健康フェスタ」というイベントがあったので色々見ていたら「歩行年齢測定コーナー」というものを発見。面白そうだったので、夫婦で測定してみる事に。※幼い息子は見てるだけ。

「普段運動していないから、実年齢よりも高いんだろうな」とは思いつつも、悪くても+10歳程度と鷹を括りながら歩行年齢測定を行いました。今回私(30代前半)が行ったのは「立ち上がりテスト」「2ステップテスト」です。

「立ち上がりテスト」では、40cm・30cm・20cm・10cmの台が置かれています。その台に座り、両手を前で組んだまま、それぞれの台で反動を付けずに片脚で立つことが出来るかで脚力を判定するのです。

tachiagari
参照:ロコモティブシンドロームの予防と改善法

夫は片脚10cmまでクリア。これは相当凄いらしいです。そして、私…片脚40cmしか出来ませんでした…。一見簡単そうですが、普段小指側に重心を寄せて歩いている私はバランスが取れないので、片脚30cmはもうムリ。やはり外反母趾が原因で歩き方がアンバランスだからでしょうか。脚力は40代~という結果に…。

次は「2ステップテスト」。できる限り大股で2歩歩き、歩幅を測定するというもの。歩幅を測定する事で、下股の筋力・バランス能力などの判定するそうです。

私の結果は202cm。2歩幅÷自分の身長で2ステップ値を算出し、歩行年齢がわかるとの事。私の場合は、202÷146なので、大体1.38。年代別の平均と比べてみると…。

2steps参照: ロコモティブシンドロームの予防と改善法

60~69歳代の平均よりも悪い。…っていうか70~79歳代に近い。測定していた人もちょっと困惑気味に私を慰めてくれました。

さすがに私もショックを受けまして、色々調べた結果「まずは外反母趾をどうにかしなくては」という考えに至ったのです。

icon-comments-o この記事を読んでいる方は「外反母趾」に悩んでいると思います。これらの歩行年齢測定は自宅でも出来ると思いますので、気になる方はテストをしてみましょう。

 

というわけで、ソルボ外反母趾サポーターを購入!

前置きが長くなってしまいましたが、外反母趾サポーターを購入する事に決めました。色々な外反母趾サポーターが売れてはいますが、個人的には「外反母趾サポーターを付けたまま、タイツや靴が履きたい」という希望があったので、それに該当するもの、かつ評判がよいものを探したら、ソルボ外反母趾サポーターへたどり着きました。

「スーパーメッシュ薄型」「固定薄型メッシュタイプ」がありましたが、スーパーメッシュ薄型は強度が良くないという口コミが見受けられたので、私は「固定薄型メッシュタイプ」にしました。

gaihan2▲という訳で、届いたのはこんな感じ。縫い目もしっかりとしてますし、長持ちしそうです。

gaihan3▲こんな風にマジックテープで足を固定します。ちなみにサポーターのタグには「右」「左」と記載されていますので「どっちをどっちに付けたらいいんだっけ?」という心配はありません。

gaihan4▲こんな感じで外反母趾の私がサポーターを付けると…

gaihan5▲こうなります。これでも若干親指が曲がってます…。でも、無理矢理親指を離すような感覚はなくて丁度いいです。

gaihan8▲外反母趾サポーターを付けたままでも、タイツは履けます。靴も履けますが、靴の横幅に余裕がないと厳しいです。私の場合ですが、普通のスニーカーは大丈夫でした。先が細いパンプスやヒールはNGでした。「スーパーメッシュ薄型」でしたら、口コミや公式販売ページを見る限りパンプスやヒールでも履けそうな感じはしますね。

ソルボ外反母趾サポーターを実際に付けてみた感想

サポーター装着時、歩く際に親指の付け根の痛みの様なものはなくなりました。今まで小指側に重心を寄せて歩く癖は、サポーターを付ける事によって改善され、親指側にも重心が寄って行き、結果としてバランスがだいぶ良くなったのが嬉しいですね。疲れにくい等といった実感はわかないので不明ですが、親指付け根の違和感がなくなったので、長めに歩いていても「不快感」「違和感」を感じる事がなくなりました。

  icon-comments-o  バランス感覚がどれくらいよくなったのか気になったので、上にも書いた「立ち上がりテスト」を自宅でしてみました。丁度高さ22cmのローテーブルがあったので、片脚で立ち上がってみると…出来ました!さすがに10cmの台から片脚で立ち上がるのはムリでしたが、30cmの台でも片脚で立ち上がれなかった私にとっては大きな進歩です。※効果効能については個人差があります

普段はいているスニーカーも問題なく履けるので、外出するからといっていちいちサポーターを外す行為も必要ないので、ラク。もっと早くサポーターを付ければよかった!装着しているのが冬場だからというのもありますが、特にムレてしまうこともあり「通気性も悪くはない」と感じています。

ですが、薄手の靴下などを履く際にはサポーターの色が見えてしまうので、肌色に近いサポーターがあったらいいのになとは思います。全体的には満足しており、末永く使えそうです。

ソルボ外反母趾サポーターを装着してから1ヶ月

「ひどい変形を矯正してくれる」と言った宣伝文句が販売サイトに書かれていたので、1ヶ月間付けた際の私の足はどうなったのか、確認しました。

gaihan4▲サポーターを付ける前。

dscn1435▲サポーターを付けて1ヶ月。

「外反母趾が改善されたか?」というと、されていません。そもそも長年の外反母趾が1ヶ月で改善するというのは無理な話かもしれません。でも、1ヶ月も経つとサポーターを付けていなくても「親指付け根の痛み」の様なものがほとんどなくなりました。継続は力なりと言う事でしょうか。

まだまだ子供が小さいので抱っこしなくてはならないので足の健康維持のためにも、外反母趾サポーターを付けて乗り切りたいと思います。

 >> 「ソルボ外反母趾サポーター」についての詳細を見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

30代前半。1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験し、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る