【モンパレ】課金常習犯の夫がゲーム課金をやめた理由

monpare「ゲーム課金をやめたいけど、やめられない」

スマホやPCゲームって面白いですよね。

仲間と協力して敵を倒したり、スタジアムに参戦して上位を狙う。
誰よりも強くなりたいから、レアアイテムや強いモンスターも欲しい!

そのためには課金!

そうやって、ゲーム内課金をしてしまう人も多いのではないでしょうか。

夫は過去、様々なゲームに手を出していてはゲーム内課金を続ける課金常習犯

最近では「ドラゴンクエストモンスターズパレード(モンパレ)」にはまっていました。
ですが、課金常習犯の夫もようやくゲーム内課金を辞めて、ゲーム自体からも遠ざかる事が出来ました。

夫はどのようにしてゲーム課金をやめる事が出来たのでしょうか。

モンパレを始めたきっかけは、私(妻)だった

yahoo-monpareそもそも夫が「モンパレ」を始めたきっかけは私(妻)でした。

当時私は妊娠中で仕事もしていなかったので、すごく暇だったのです。
ある日ネットでニュースを見ようと思って、Yahooのトップページを開いたら「ドラゴンクエストモンスターズパレード」の広告が目に入りました。

学生時代、私は「ドラゴンクエスト」をやりこみするくらい好きで「ドラクエ」の大ファン。

「長らくゲームからは遠ざかっていたけれど、どうせ暇だしやってみようかな」

こんな気持ちではじめました。

「最近モンパレってPCゲームやってるんだけど、面白いよ」

軽い気持ちで夫にそう話してからというものの、夕飯後は2人そろってモンパレをする日々が続きました。

徐々にモンパレにハマっていく夫、そして課金(微課金)へ

monpare2「もっと強いモンスターが欲しい」

モンパレで強いモンスターを手に入れるには方法は色々ありますが「たんけんスカウト」にいって、強いモンスターをゲットするのが一番手っ取り早いです。

でも「たんけんスカウト」に行くためには「しもふりにく」が必要。

「しもふりにく」はイベントやストーリーを進めていくと手に入れることも出来ますが、上位ランク(=強いモンスター)をゲットする為には、もっと「しもふりにく」が欲しい。

「強いモンスターが欲しいから『しもふりにく』を買おう」

「しもふりにく」の値段は1個400円です。夫はなんの迷いもなく10個購入してしまいました。

それから夫はゲーム課金地獄に…。とはいうものの、夫は月に1万円以上の課金はしませんでしたし、生活にも支障がなかったので私は何も言いませんでした。

徐々にすれ違う心

monpare3モンパレをはじめてから数ヶ月後、ゲーム内課金を繰り返した夫の甲斐もあって、SSランク(最上位ランクのモンスター)のモンスターも手に入って強くなっていました。

それでも夫は満足せず「もっと強くなりたい」と課金を繰り返していました。

一方の私は臨月に入って、もうすぐ出産。

子育てモードに突入した私は、モンパレなんてどうでもよくなっていました。

「子供が産まれたらゲームする時間も無くなるから、夫もゲームをやめるはず」

そう信じていたので、夫に対しては何も言いませんでした。

子供が産まれたのにゲームを続ける夫

14fa098406b8fb8478eeb8455df606a2_s無事に息子が産まれ、はじめての育児に悪戦苦闘する日々がはじまりました。

それでも夫はゲームをやめる事はありませんでした。

「もう子供もいるんだから、ゲームなんてやめてよ!」
「育児に支障が出ない様にゲームしてて何が悪い?」

夫は息子の世話もきちんとしていて、ゲームは息子が寝てから1時間程度しているだけです。

私はなぜゲームをしている夫が許せなくなったんだろう。

よくよく考えてみたのですが、ゲームがダメなのではなくてゲーム内課金が許せないということに気がつきました。

そのお金を息子の教育費貯金に回せたのに。
そのお金があれば、ケチって中古のベビーベッドを買わずにすんだかもしれない。

私は涙ながら夫に訴えました。普段泣くことがない私を見て、事の深刻さに気がついた夫はあっさりとゲームをやめました。

スキマ時間は非生産的ではなく生産性のある時間になった

daisy-712892_640ゲームをするのをやめた夫は、今まで費やしていたゲームの時間をすべて「家族との時間」に使うようになりました。

楽しい時間が過ごせて楽しいけれど、夫は時間を持て余してしまう様に見えました。

(夫の唯一の趣味と言っていいゲームを取り上げてしまって、ちょっとかわいそうだったかな…)

でもゲームをすると、ゲーム内課金をしてしまうのは目に見えている…。
そうだ、別の事を提案してみよう!

息子を産んだ頃、私はスキマ時間を使って少しでもお小遣い稼ぎをしようと思って、アフィリエイトサイトの立ち上げの準備をしていました。
あと、趣味でこのサイトをコツコツと作っていました。

「ねえ、スキマ時間にこのサイトのアクセス数がどうしたら上がるかのかアフィリエイトサイトから収益があがるようになるか考えて見てよ!ついでに記事も書いてみない?」
「アフィリエイトって何?」
「企業などが持っている商品やサービスを代わりにサイトを通じて販売する事。商品が売れると売り上げの一部がもらえるんだよ」
「え?そんなのあるの?凄いじゃん!」

ダメ元で言ってみたのですが、夫は食いつきました。

夫はアイデアを出したり、記事を書いたり、またアクセスアップや収益アップをするにはどうすればいいのかも考える様になりました。

元々夫はお金の事を考える事が大好き。試行錯誤をして、少しずつあがっていくアクセスや収益を見るのが面白いそうです。

「少しでも強くなりたい」とゲームするのと同じような感覚もあるのでしょう。サイト運営はゲームとは違って、課金すれば上手くいくような単純な事でもないのも魅力に感じているそうです。

ゲームで課金地獄状態からサイト運営で、私達夫婦の資産を築く時間に変わりました。

夫をサイト運営に誘ってから半年ほど、スキマ時間は生産性のある時間になったのです。数年経った今はもう凄い事になってしまい、色々あって法人化してしまいました。

ゲームをやめたら人生が大きく変わったといっても過言ではありません。

今、ゲーム課金をやめたくてもやめられない人は、ゲーム以外の生産性のある事に目を向けてみて下さい。もしかしたら大きな資産になるかもしれませんよ。
時間には限りがあります。後悔しない様に、時間の使い方を考えましょう。



関連記事一覧