【体験談】トイレが水漏れ!「住まいの現場急行サービス」を使ってみた

トイレで水漏れが起きたら本当に焦ります。私は過去、猫砂を詰まらせでトイレをパンクさせたことがありました。そのときは猫汚物と大量の水が流れ出し、大パニックに…
冷静な判断ができず、CMで有名の○ー○マイルに頼んだところ、簡単なポンプを使用して2~3分水詰まりを解決してもらいました。

解決したのはいいのですが…2~3分程度の作業なのに18,000円の高額請求。
DSCN2050いささか高すぎるとは思ったものの、仕方がないので支払いをしました。

あれから2年後…

またトイレで水漏れが発生しました!!

今回は前回の反省を踏まえて、冷静に対処した結果の体験談をお伝えします。

あわせて読みたい
猫砂を流してトイレの水詰まり!トイレの水があふれた場合の対処法
あなたのご家庭ではトイレの水が詰まったことありますか。 先日、我が家のトイレに水が詰まって逆流を起こし、床上浸水を起こしました...

「住まいの現場急行サービス」とは?

我が家は「あいおいニッセイ同和損保」の「マイホームぴたっと」に加入しています。
トイレを詰まらせた経緯を保険担当者に話したところ「詰まった時点で相談してくれれば無料で対処できましたよ」とショックの一言が。

「あいおいニッセイ同和損保火災保険」「タフ・住まいの保険」「マイホームぴたっと」に加入していると、住まいの現場急行サービスがもれなくついてきます。

住まいの現場急行サービスとはトイレや給・配水管のつまりやあふれの原因箇所を検査&応急処置を無料で受けられるサービス。
要は現場で検査及び作業が30分以内の場合、費用(出張料&作業費)は無料になります。

それ以上時間がかかる作業は有償請求になりますが、利用者としては心強くてありがたいサービスです。

ちなみにパッキン交換などの軽作業の場合、大概は30分以内に終わるそうです。
通常の水道修理業者に頼むと1万円近くするので、無償対応は本当に助かります。

また、玄関のドア開けサービスもしてくれるみたいですよ。

再度トイレの水漏れが発生!!

猫砂でトイレをパンクさせてから、水漏れをさせないよう細心の注意を払ってトイレの水を流していました。

しかしとある休日…

早朝に妻がトイレで水漏れを発見します。

「トイレから水があふれてるよ!」

トイレに急行すると、そこには大きな水溜りができていました。何とかバスタオル3枚を犠牲にして、すべてふき取ることに成功したものの、便座と床の隙間からじわじわ水が漏れてきます。

タンク周りやホースを触ってみますが、濡れている形跡はありません。

まさか便座にヒビでも入っているか…

最悪の事態を想定し、プロに見てもらうことにしました。

前回(猫砂を詰まらせて水漏れ)と異なる点は「住まいの現場急行サービス」を利用することです。

住まいの現場急行サービスの対応について

現場急行サービスは、0120-985-024に電話すれば24時間365日繋がります。
トイレの水漏れは連休真っ只中の早朝に発生しました。電話が通じるか心配しましたが、わずか3コールでオペレーターに繋がります。
オペレーターに事情を説明し、保険証券番号を伝えたところ、すぐに急行サービス担当者につないでくれました。

急行サービス担当者に代わってから、再度同じ説明をしなければならないのは面倒でしたが、対応はテキパキしており、安心感を抱きます。

担当者は手持ち業者、複数社に問いあわせますが、連休中とあってすぐに対応できるところが、なかなか見つかりませんでしたが、何とか当日対応してくれる業者を見つけてくれました。

電話をしてから30分間の出来事です。保険会社を挟んでいる為、水道修理屋に直接電話するより、時間はかかっていますが、まずまずといったところでしょうか。

対応自体は親切で、階下に被害があったら保険担当者がすぐに対応いたしますとの言葉は心強かったです。

業者対応はどうだったか?

保険屋のお抱え業者となるとサービスが悪いのではないか?と不安になるものです。
私も急行サービスに連絡してから、業者が到着するまで評判を色々調べました。残念ながら体験談はひとつも見つからなかったですが…

不安な気持ちいっぱいで待っていたところ、昼前に業者から「もうすぐ到着する」と電話がありました。

5分後、修理に来た業者はとても物腰の柔らかい男性でした。

到着後、事情を説明しすぐに調査に取り掛かります。
15~20分、丁寧に様々な水漏れしてそうな箇所を確認してもらった結果、業者から一言、

「現在は水漏れが見当たらないですね」

!?

水を流して何度確認しても、水が漏れている形跡もなければ、タンクや便器の水が減っている形跡はないそうです。

では便器と床の隙間からじんわり出てくる水漏れは何なんですか?と尋ねたところ、絵を描いて丁寧に説明してくれました。

どうやら別の理由で水が溢れ出し、便器下の空洞に水が充満し、徐々に排水されているだけだと説明を受けました。トイレ床は耐水シートが轢いてあるので、階下に影響が出ることはまずないそうです。
対策は溜まった水が出るのをタオルで拭くのみでお終いということでした。

水が溢れた原因が思い当たらないか考えたところ、子供がタンクをいじくっていたのを思い出しました。
タンク上部蓋を子供がいじくっており、漏れた水を拭いた後、ずれていた蓋を直したのです。

蓋がずれていると、タンク横から水が流れ、下に開いた穴から水漏れを起こすそうです。


原因は子供の水遊びでした。そして放置していればよかった内容…。
何て無駄なことをしてしまったのでしょうか…我ながらに動転していたのだと実感しました。

実際に無料対応だったのか?

今回は調査だけで終わりましたが、通常調査費用だけで5,000円程取られてもおかしくありません。ましてや祝日対応となれば、割増料金を取られるでしょう。
DSCN2050※ローポンプ対応は深夜だったこともあり、2~3分の作業で18,000円もとられました。

では「住まいの現場急行サービス」を頼んだ結果、どうだったでしょうか。

無料!!!

本当に30分以内の作業はサービスでした。

住まいの現場急行サービスを利用した結果

今回はひょんなことから「住まいの現場急行サービス」を利用しました。
結果は業者対応もすばらしく、オペレーションも整っており、とても満足できる内容でした。

祝日あけには保険担当者から「階下に被害が及んでいないか」確認の電話がありました。とても親切な内容で満足していますし、火災保険は加入しなければならないと実感しました。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう


最新情報をお届けします

この記事の著者

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。最終的には製造メーカーで生産管理として6年勤務したが、結局退職。現在は夫婦でフリーランス(在宅)です。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る