食物アレルギー発覚から半年。2回目のアレルギー検査結果・治療経過まとめ

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s半年前に食物アレルギー(卵クラス6・牛乳クラス2)が発覚した息子。
卵に至っては数値が振り切れる程酷いものであり、アレルギー検査を受けた近所の病院では、以降の診察は断られてしまいました。

are-kekka▲さじを投げられてしまった息子の食物アレルギー検査結果。

私たち夫婦は一般社団法人日本アレルギー学会のHPでアレルギー専門医を探し、病院の口コミなどを見て、評判の良いアレルギー専門医のいる病院に通っています。ちなみに息子は酷い肌荒れ(アトピー性皮膚炎)も患っていたので、食物アレルギーと同時進行で治療を続けてきました。

半年過ぎたので、再度食物アレルギーの検査して、先日結果が出ました。
結果を先に言ってしまうと、驚く位に数値が下がったので「やはり専門医は適切な診察をしてくれているんだな」とありがたい気持ちでいっぱいです。

2回目食物アレルギー検査の結果

1回目は卵と牛乳のみ検査しましたが「食物アレルギーが出てる子は、ダニやペットにも反応する事が多い」と専門医が懸念しており、ダニアレルゲンや犬猫アレルゲンについても調べる事に。後は私が個人的に気になっている食物(えび・そば・やまいもなど)も検査項目に入れてもらいました。

これだけでも、専門医と一般の医者の違いが明白です。1回目の時は、こっちの意見を取り入れてくれることがなかった(「フレンチトーストを食べてアナフィラキシーを起こしたので、卵・牛乳・小麦を調べればいいでしょ?」みたいな感じでした)んですけどね。

能書きはさておき、アレルギー検査結果はこちら。

al-kekka2

・卵白:クラス6→クラス3
・オボムコイド:クラス6→クラス3
・卵黄:クラス5→クラス1
・牛乳(ミルク)クラス2→クラス0

全部下がった…!
卵黄が特に顕著ですね。牛乳に至っては陰性になってる…!

でも、専門医が懸念した通り、ダニ・ネコ・イヌアレルギーが出ちゃってます…。うちには飼い猫が居るので「どうすればいいんですか。手放すなんて出来ません…」と恐る恐る聞きましたが「現状としては、取りあえずこまめな掃除とネコを清潔にしたりして下さい。ちなみにネコを手放したからと言って、アレルギークラスが下がるものではありません」と言う事でした。

ダニやペットアレルギーがある息子は、今後喘息や鼻炎へと移行する可能性があります。ちなみに私は環境アレルギーアドバイザーの資格を取得しており、勉強をしている際に「アレルギーを悪化させない為には、結局のところ普段からの環境整備(掃除・換気)が大切」だと習いましたので「掃除は面倒」とかはもう言ってられない状態だと理解しました。

卵成分:自宅食物負荷試験の進捗

半年前の息子は「牛乳アレルギークラス2」でしたが、症状は出なかったので、今まで通り牛乳を与えていました。アレルギー検査結果で陽性反応が出たからと言って完全除去をしてしまうと、子供の発育にも良くないからだそうです。
卵成分に関しては、クラス5・6とかなり酷い数値を叩き出していたので、完全除去をしなくてはいけないのかと思っていましたが、専門医は「息子のアレルギー検査結果は、恐らく肌の調子が悪い状態で受けたので、悪く出ているだけかもしれない。卵成分が入っている食べ物は大丈夫な可能性がある」との見解だったので、半年前から自宅で卵成分の食物負荷検査を行っています。

<食物負荷試験の計画>
・卵ボーロ1つから初めて、1週間ごとに数を増やす
・卵ボーロ10つまで食べられるようになったら、ヤマザキの「ダブルソフト」4分の1へ
・「ダブルソフト」半分食べられるようになったら、ロースハム4分の1
・少しずつ増やしていき、半分以上食べられるようになったら、はんぺんなどの加工物も試してみる

半年経った今の進捗状況は「ロースハム半分までクリア」です!

ここまで本当に長かった…今後の目標は、息子が幼稚園に入る頃には「卵成分が入っている加工物は食べてもOK。卵そのものについては少しだけだったらOK」位の状態まで持っていければ幸いです。

今後の負荷試験の予定は、はんぺんなども問題なくクリア出来たら、必要に応じて卵が入っているお菓子やコロッケなど少しずつ挑戦していこうと言う事でした。半年前は卵の成分がちらっとでも入っていたら、即アウトだと思っていましたので、大変な進歩です。これからも頑張ります。

アトピー性皮膚炎治療の経過

息子は、アトピー性皮膚炎も併発しており、身体中がケロイドの様になっていました。

専門医に正しいステロイド剤の塗り方を教わったので、その通りに塗っていたら、1週間である程度キレイな肌になりました。
それ以降は、保湿剤のみ毎日塗って、それでも肌荒れを起こしたら、リンデロン(身体用)・ロコイド(顔用)・リドメックス(頭用)を追加して塗る様にしています。

でも、ヒザや足首がお肌スベスベの状態にならないのは、よろしくない(大人の肌のかさつき程度なので「これでいいんじゃないの?」と思っていました…)らしいので、今はリント布に亜鉛華軟膏を塗って、足首等に張り付けるという処置をはじめました。

リント布の使い方

私自身はアトピー性皮膚炎ですが、恥ずかしながらリント布自体を知りませんでした。マツキヨなどのドラッグストアでも購入できるらしいのですが、私はいきつけの薬局で購入。

al-rinto▲ガーゼっぽいのですが、片面がフワフワと起毛状になっています。ちなみに右側に映っているのは、亜鉛華軟膏と包帯です。

使い方は簡単です。まず、起毛状になっている部分に亜鉛華軟膏を塗ります。

al-rinto2▲ペースト状に塗ります。

患部にリント布を張り、包帯などで保護しておしまいです。

al-rinto3▲息子が昼寝している時にこっそりと付けました。

これで、専門医が満足する位、スベスベお肌になるのか…。現在お試し中です。

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の治療進捗まとめ

アレルギー専門医がいる病院へ通う事、半年。治療の進捗をまとめます。

<食物アレルギー>
・卵アレルギーは最強クラスからクラス3までダウン。卵黄に至ってはクラス1
・牛乳アレルギーは陰性になった
・ロースハムを半分近くまで食べられるようになった
<アトピー性皮膚炎>
・肌はある程度キレイになったが、まだ気になる肌荒れがある
・現在、リント布に亜鉛華軟膏を塗って、様子見

ひとまず、こんな感じです。
半年後、再びアレルギー検査を受けると思いますので、その頃にまた治療経過を掲載したいと思います。

あわせて読みたい
食物アレルギーっ子の食事作りに悩むママ必見!生協(コープデリ)が超便利!
子供に食物アレルギーがあると、日々の食事作りが大変ですよね。 私は元々ズボラな性格でしたが、息子の卵アレルギー(発覚当時:クラ...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

30代前半。1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験し、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る