【1人目出産】帝王切開出産レポ(前駆陣痛~本陣痛~帝王切開~出産)

19b28e92f357bc3ed27c9284f86cdda8_s夫視点での出産レポはこちらを参照下さい。

いきなり陣痛が始まり帝王切開で出産!(夫のレポート)
2015年7月28日。2,690gの元気な男の子を出産しました! 週数は「38週4日」で先週の検診では子宮口は全く開いておらず、出産はまだま...

本日帝王切開術後6日目です。
私の通っている産婦人科は入院期間が短く設定されているため昨日退院し、もう自宅にいます。
うちの長男はよく寝る子なので、そこまで大変ではありません。帝王切開の傷が激痛で辛いですが実母も来ており、なんとかなってます。

ということで、記憶が鮮明なうちに出産レポを書きます。

前駆陣痛?

38週に入ってもういつ産まれてもおかしくはない時期に入ってきましたが「産まれる気配がない」なんて思っていつも通り過ごしていました。

7月27日 16:00頃
間隔はバラバラでお腹が若干痛くなるような感じが出てきましたが「これが噂の前駆陣痛かな?」位に思いながら夕飯の準備等を進めていました。

 

7月27日 18:00頃
夫が帰宅したので前駆陣痛の件について話すと「病院へ連絡したほうがいいんじゃないの?」と言ってきましたが、ただの前駆陣痛と思い結局様子を見ることに。

 

7月27日 19:00頃
夕飯を食べ終わっても、前駆陣痛はおさまることがなく間隔を測ってみると5-10分位になってきていました。しかも胎動が少なくなって心配になってきました。

病院へ電話すると「大至急来てください」と言われ、行くことにしました。

 

病院へ到着、そして入院

7月27日 19:30頃
病院へついてすぐ内診をしましたが、子宮口はまだ開いていませんでした。
次にNSTでお腹の張りを確認することになりました。
あとで知ったことですが、すでに本陣痛が来ている模様で医者の見解では「お産になる」と思っていたようです。私はお産にはならないだろうと思っていましたので「明日38週目の妊婦健診だしその時に診ればいいのでは?家に帰りたい」なんてのんびりと思っていました。

 

7月27日 20:30頃
医者に「一応入院しましょう」と無理やり促されて入院することになりました。
この時点ではまだ私にも余裕があり「大げさ」と思っていました。

着の身着のままで来ていたので、用意していた入院準備品を家から取ってきてもらいました。

7月27日 21:30頃
陣痛が2-3分間隔でやってくるようになり、耐えられない痛みになりました
陣痛が来るたびに自分の太ももをガリガリしていました。
術後6日目の今でもまだあとが残っています。

ナースコールを押してまた内診をしてもらいましたが子宮口はまだ2-3cm程でした。

その後も殆ど間髪を入れずに陣痛がありました。すきを見ては水を飲み、太ももをガリガリしながら耐えました。

 

結局この日は一睡もできませんでした。

 

緊急帝王切開

7月28日 6:00頃
再びNSTを行った結果、「赤ちゃんが元気なうちに帝王切開した方がいい」という事になり、緊急帝王切開をすることに。
もう私は限界だったので「なんでもいいから早くして」と思っていました。

家族の誰かに連絡がつくのかと聞かれ、必死で夫にとりあえず電話しましたが、運悪くその日は日帰り出張なので立ち会いは不可能。実母に連絡を取り、病院へ来てもらうことになりました。

7月28日 8:00頃
あれよあれよという間に帝王切開の処置が行われました。ちなみに、実母は病院から約2時間の所に住んでいますので間に合いませんでした。

7月28日 8:33

長男誕生、2,690g。

私は妊娠糖尿病なので「赤ちゃんが低血糖になるのでは」と心配でしたが、なにも異常はありませんでした。

長男は出てきた瞬間、ギャン泣き。私はその声を聞いて安堵の涙を流し眠かったので寝てしまいました。

なぜ陣痛が起きているのに、お産が進まなかったのか?

医者がびっくりするほどへその緒が巻き付いていたそうです。
一周してさらにたすき掛けになっていたとか。なので赤ちゃんが出てこれなかったそうです。

 

おかしいなと思ったらすぐに連絡した方が良い

私の場合あと少しでも処置が遅れていたら赤ちゃんはダメになっていたかもしれなかったそうです。
あの日、無理やり病院へ行って入院してよかったと思っています。
私の通っている産婦人科では「何かあってからじゃ遅い、とりあえず来てみて何もなかったならそれでいいじゃない」という方針でした。

今回このような事を経験し、まさにその通りだと思いました。

以上、出産レポでした!

早くも第2子が欲しくなってます。
帝王切開ですので、1年位開けますけどね。

母乳育児を頑張りたいあなたへ

「赤ちゃんはなるべく母乳で育てたい。母乳育児に良い栄養を手っ取り早く摂取する方法はないかな?」とお困りでしたら、たんぽぽ茶がオススメです。
母乳の出をよくするためには、身体を温める必要があります。身体を温める効果のあるたんぽぽ茶は、まさに産後ママに飲んでほしいノンカフェインで健康に良いお茶!

ノンカフェインで身体によいと言われているルイボスティも産後ママに愛用されていますが、たんぽぽ茶はクセのない味ですので、ちょっとあの独特のお茶の苦みがニガテというママでも大丈夫です。

母乳を上げていると不足しがちな鉄分とビタミンも摂取出来ますので、育児の間にほっと一息したいときにいいですよ。



>>母乳で育てたいママに大好評!【ノンカフェインタンポポ茶】の詳細を見る

 

新米パパ・ママのあなたへ

子育てがはじまると、ビックリする程育児が大変で睡眠不足になります。
ストレスがたまると赤ちゃんにも悪影響です。

育児の合間に快適な睡眠が出来るマットレスがとってもオススメ。

私の出産入院中に夫が「帝王切開だから寝返りも辛いだろう」とマットレスを購入してくれました。
マットレスを敷いたところで何も変わらないだろうと思ったのですが、実際に使用してみると寝返りもしやすく、腰痛も緩和されて、辛い育児中にはとても助かりましたよ。

新米ママへのプレゼントに喜ばれる事間違いありません。赤ちゃんも大事ですが、ママの身体も大事です。大切にして下さいね。



>>産婦人科でも設置の妊婦さん用腰痛軽減補助マットを西川リビングが産学共同で商品開発!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

30代前半。1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を転々としてきました。その後独立し、フリーランスです。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る