【実体験】新卒1年以内で退職したい。転職活動はどうなった?

「こんなはずじゃなかった」

新卒2ヶ月目で私は後悔をしました。

何を後悔したって?

会社選びに後悔したんです。

というのも「自分は会社で活躍できる」「会社から一目置かれた存在になれる」と意気揚々と入社したが、現実は甘くなく上司や顧客から起こられ続ける日々。

どこの会社に入社しても同じですが、キラキラした社会人生活を望んでいた、常識知らずの若者にとってはこの上ない屈辱の毎日でした。
プライドだけ一人前のへっぽこは「この会社が悪いんだ」と思い始めます。それが、新卒2ヶ月目の話。

ついに、新卒9ヶ月目で転職活動へと舵を切ることになります。

新卒9ヶ月目の転職活動はどうなったと思いますか。

第2新卒の定義はあやふや

入社3年以内で退職することを、第2新卒と言います。
まぁ明確な定義はないみたいなので、あくまでも転職業界用語ともいえます。

どこの転職サイトをみても「第2新卒は熱い!!」「第2新卒は企業から求められている!!」「第2新卒で大手企業へ」など、第2新卒を持ち上げています。

では新卒1年以内の馬鹿が、転職エージェントに申し込みをしたらどうなるのでしょうか。
株式会社ネオキャリアという、第二新卒専門エージェントとの実際のやり取りがこちらです。

エージェント(以下「エ」)「新卒9ヶ月で転職希望とは、相当早いですね。なにか理由があるんですか」
私「毎日7時半からの声だし。月1回夜中の1時から秋田まで車出張が辛すぎて耐えられなくなりました」
エ「会社に部署異動届けしてみてはいかがですか」
私「新卒1年目で部署異動届など、通りません」
エ「やってみなければわからないですよ。そもそも夜中の車運転位どこもやっていますよ」
私「えっ?どこに行っても同じですか?」
エ「大して変わりません。サービス残業、休日出勤はどこも同じで、みんな頑張って仕事をしています」
私「じゃあ今の会社は悪い会社ではないんですか?」
エ「私には悪い会社に思えません。できれば、そのままお勤めをお勧めします。もし、どうしてもと言うことでしたら紹介できますけど、どこも一緒ですよ」
私「ではいいです…」
エ「そうですか。2~3年勤務して耐えられなければ再度ご連絡下さい。その時は力になれますよ」

どうやら、第2新卒とはいいつつも、新卒1年以内は対象外の様な印象を受けました。
彼らも商売ですから、商品である人材で不良品を扱いたくないのでしょう。

ちなみに、リクナビエージェント、DODA、パソナキャリアは登録すらできませんでした。

力になってくれたエージェント

そんな中、唯一相談にのってくれたのが、マイナビエージェントでした。
先に紹介した、転職エージェントと違い、本当に苦しい旨の相談にものってくれ、履歴書の書き方、面接指導など、細かくアドバイスを貰いました。

私の担当になってくれたのが若い女性でしたが、その方との相性が良かったのかもしれないですね。

大手だけあって多くの企業情報を持っているので、業界問わず様々な企業を紹介してもらえました
残念ながら、私が望んでいた待遇の企業がなく、マイナビエージェントでは決まりませんでしたが。

それでも履歴書の書き方や面接指導は結構役に立ったので、登録したことに後悔はありません。

転職サイトの企業はいまいち

では、転職サイトはどうだったか。
大手転職サイトリクナビNEXTには案件が豊富ですが、自分が希望する業務になると、実務経験3年というキーワードがネックになりました。

「第2新卒歓迎」「未経験可」「社会人経験1年以下歓迎」という企業もかなり見つかりますが、どれも「広告業」「不動産」「エンジニア」「派遣?」とブラック臭満載の企業ばかり。リクナビNEXTだけでなくマイナビ転職、DODAなどの転職サイトも登録してもどれも同じでした。

結局、1年以内は諦めた

エージェントは駄目。転職サイトはもっと駄目となると、当時の私は手詰まりになり転職活動を諦めるしかありませんでした。

しかし転職する気持ちは諦めておらず、1年後の新卒1年9ヶ月目マイナビエージェントを利用して無事に転職成功します。結局、その後2度転職をする羽目になりますが、転職という苦労を重ねたお陰で、今の私があるので後悔はしておりません。

新卒1年以内の転職は不可能なのか?

新卒1年以内転職は不可能なのかと問われるとNOと答えます。
当時の私は転職サイトと転職エージェントのみしか利用していなかったので転職に失敗したわけで、その後転職を繰り返すうちに気づいたベストな転職媒体を教えます。

それは職業訓練センターです。

職業訓練センターとは求職者・在職者が仕事に関する知識・技術を身につけるために国や県が運営している学校です。
面接で合格すれば、入学することができ、国から補助金を貰いながら勉強できます。
さらに、訓練校の講師が求人を紹介してくれるのです。

私もその後通っていましたが、年齢が若い人は企業から引く手数多なので、転職先は結構選び放題ですよ。
ちなみに、現在私が勤めている会社も職業訓練校に紹介してもらいました。

職業訓練校については別の記事にまとめたので、もし興味があれば読んでみて下さいね。

あわせて読みたい
職業訓練校ってどんなところ?職業訓練校の選び方とメリットについて
「会社が倒産してしまった」 「リストラの対象になってしまった」 様々な理由から職を失ってしまう時代になりました。 「職業訓...

自分の市場価値ってどれ位? 無料で見てみよう

「自分の市場価値ってどれくらいなんだろう」

転職活動をしていると、段々と気になってくる転職における自分の市場価値。

MIIDAS(ミーダス)では7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出す事が出来ます。自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることも出来ますので、転職活動の参考にもなりますよ。

 

MIIDAS(ミーダス)にアクセスすると下記の様な画面が出てきますので答えていきます。

miidas1
miidas1miidas2miidas4

 

私の場合はこんな感じになりました。

miidas5

557万円の価値がある様です。

 

MIIDAS(ミーダス)の機能を全て使う為にはユーザー登録(無料)が必要です。
miidas6

facebookのアカウントかお持ちのemailで登録できますよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。現在は製造メーカーで生産管理として勤務中。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る