【千葉・東京】GW/夏休みに行きたい格安で子供と一緒に楽しめるおすすめスポット5選!

da46eb7fe78b7b2c75bdff865b249576_s子供が産まれると行楽施設に遊びに行くことが増えてきます。
もちろん子供と遊ぶのは親である大人も楽しめて日々の疲れを忘れさせてくれるものです。

しかし遊びにいくと、どうしても気になるのがお金。
東京ディズニーリゾートはまさかの3年連続値上げをして2016年4月には大人一人7,400円と超高額に。家族3人(両親・子供)の場合、入場料だけで19,600円になり、交通費・昼食代を合わせると軽く2万円は一日で消費してしまいます。

これを毎週繰り返していたら、家計は赤字になってしまいますよね。

そこで筆者が、厳選した安くて楽しめるスポットを5選に厳選しました。

子供とのお出かけに是非参考にしてみて下さいね。

もりのゆうえんち(千葉県野田市)

morinoyuuenchiせっかく遊園地に行っても小さなお子さんがのりもの(アトラクション)に乗れない事が多々あります。

「もりのゆうえんち」ではほとんどのアトラクションは幼児以上でも乗る事が出来ます
大人に適した乗り物は少ないですが、子供の笑顔を見れるだけでテーマパークで遊ぶ以上の喜びがあるはず。

そして一番の特徴は入園料は無料で出入りも自由です。
駐車場も無料です!
遊園地にあるアトラクション利用料のみしかかかりません。
アトラクション利用料のみなので大人はカメラマンに専念したら費用面は相当抑えられるのではないでしょうか。

また、テーマパーク内で食事を取ると通常より割高になりますが、出入りが自由なので隣接したイオンショッピングモール内で食事を取ることも可能。サンドウィッチを作って青空の下で食事をしてもいいかもしれないですね。

もりのゆうえんちの情報はこちら

・住所:千葉県野田市中根6-1
・電話:04-7123-0851
・休園日: 水曜日休園(春・夏休み、ゴールデンウィーク、年末年始を除く)
・開園時間:10:30~19:00(ゴールデンウィーク期間・8月中の土日、お盆)
・アクセス:野田市駅徒歩15分
・駐車場:2200台(入園料・駐車場料金 無料)
・入園料金:無料
・公式HP:https://www.senyo.co.jp/morinoyuenchi/

 

上野動物園(東京都台東区)

13都内で動物園に行こうと思ったら一番最初に思い浮かぶ場所は上野動物園でしょう。最近ではパンダの繁殖で話題になっていますよね。

動物の種類は500種類を超え、日本で第2位!そして上野動物園は日本一の入園者数を誇ります。
そこで気になるのが混雑状況。
平日の開園直後は人が少なく快適に見られるそうです。
とはいっても仕事がある平日に有給を取っていくのは至難の技。

上野動物園に100回以上通った事ある友人の話によると、パンダやライオン等一部の人気動物を除けば、休日でも特に不便はないそうです。
動物園はテーマパークと違って基本的には見て観察するだけなので、東京ディズニーリゾートと違い長蛇の列を作って待つ事ありません。

そしてなんといっても入園料の安さ!!
ueno※小学生以下(小学校6年生まで)と、都内在住・在学の中学生は無料です

上野動物園は公益財団法人東京動物園協会が運営しており、公立施設として位置づけられています。また、教育施設として認定されている為、東京都からの多額の補助金でまかなわれているのです。
ちなみに富士サファリパークの昼サファリの大人一人入園料は2,700円
いかに上野動物園が安いかわかります。
まさに王道の格安行楽地と言えるでしょう。

上野動物園の情報はこちら

・住所: 〒110-0007 東京都台東区上野公園9-83
・電話:03-3828-5171
・休園日: 月曜日休園(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)年末年始(12月29日~翌年1月1日)
・開園時間:9時30分~17時(入園および入園券・年間パスポートの販売は16時まで)
・アクセス:京成電鉄上野駅(正面口)から徒歩13分
・駐車場:上野動物園には駐車場がありません。近隣の有料駐車場になりますが料金・混雑からお勧めできません。
・公式HP:https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

 

アンデルセン公園(千葉県船橋市)

anderusenpark-gw世界最大級の口コミサイト・TripAdvisor (トリップアドバイザー)の「世界の人気観光スポット2015 テーマパーク部門」で、ディズニーランド・UFJに次ぐ3位になった事もあり一躍有名になったアンデルセン公園。

長さ50mの巨大滑り台、アスレチック、どうぶつふれあい広場、水遊びも出来る噴水広場、作品作りを体験できる子供美術館など格安で小さなお子さんと一緒に楽しめます。

特にお勧めなのが公園中央にあるプール。水深が30cmと子供でも安心でき中央の噴水付近で走り回って遊べば楽しさ倍増です。
105参照:https://waox.main.jp/?p=3575
夏は絶対に水着を忘れないようにしましょう。

そんなアンデルセンの気になる入場料は大人900円、高校生600円、小中学生200円、4歳以上100円、4歳以下無料と子供を優遇しています。

ただし多数あるアトリエを利用する際、400円ほど材料費がかかります。とはいっても所詮数百円ですから格安ですね。

アンデルセン公園の情報はこちら

・住所:千葉県船橋市金堀町525番
・電話:047-457-6627
・休園日: 月曜日(祝日、春・夏・冬休み期間は開園)
・開園時間:9:30~16:00(シーズンにより異なる)
・アクセス:新京成線「三咲駅」から小室駅行きのバス(県民の森下車)
・駐車場:900台(有料)
・公式HP:https://www.park-funabashi.or.jp/and/index.htm

 

荒川遊園(東京都荒川区)

dae896fddef4201b57f459da0161bab91東京都荒川区にある子供と触れ合いながら楽しめる遊園地です。歴史は古く大正11年民営で「あらかわ遊園」として始まり、戦後荒川区が運営で「荒川遊園」として再オープンしました。
荒川遊園の特徴は子供用テーマパークだけでなく、動物広場、釣堀、ポニー乗馬、水上ステージとバラエティに富んでいるところです。一日だけ出回りきるのは難しく、何度も楽しめるところが魅力の一つだと言えます。

また、水上ステージではアンパンマンや仮面ライダーなどの子供に人気なヒーローがショーをする事も。

normal参考:https://iko-yo.net/experiences/11149/memory_photos/11113
動物広場で直接エサやりができ、面白いショーもあり、子供用遊具も沢山!!まさに子供の為の遊園地です。
そんな荒川遊園の気になる入場料は大人200円、小中学生100円。乗り物券100円。その他ポニー乗馬券100円と細分化されています。

荒川遊園の情報はこちら

・住所:〒116-0011 荒川区西尾久六丁目35番11号
・電話:03-3893-6003
・休園日: 火曜日(一部除き)
・開園時間:午前9時から午後5時まで
(ゴールデンウィーク期間の日曜・祝日と夏休み期間の日曜は雨天を除き午後6時まで)
・アクセス:都電荒川線「荒川遊園地前」下車、徒歩3分
・駐車場:114台(有料)
・公式HP:https://www.city.arakawa.tokyo.jp/yuuen/index.html

 

野田市総合公園水泳場(千葉県野田市)

noda-shi-suieijo千葉県野田市の清水公園に隣接している総合公園水泳場です。名前は固いですが子供用プールもあり大人も子供も楽しめるプールになっています。
肝心のプールは4種類。
・50m公認プール(50m×21m、8コース)
5017cc9b参考:https://livedoor.blogimg.jp

 

・一周280mの流水プール
noda-shi-suieijo参考:https://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/miryoku/shinbun/20130705.html

 

・2台の滑り台があるちびっこプール
noda-shi-chibikko-pool参考:https://www.pref.chiba.lg.jp

・子供用プール

 

さて、肝心の入場料はいくらでしょう。下記にまとめました。

使用料 1日/大人680円、中学生以下270円、15時以降入場者/大人270円、中学生以下60円
回数券(11回分)/大人6,800円、中学生以下2,700円

野田市総合公園水泳場の情報はこちら

・住所:〒278-0043 千葉県野田市清水958
・電話:04-7125-1155
・休園日: 毎週火曜日(祝日と重なる場合は翌日)、年末年始
・開園時間:9時から18時まで
・開園時期:7月第1土曜日から9月第1日曜日まで開場
・アクセス:東武野田線「清水公園駅」から徒歩15分
・駐車場:一般270台

千葉のオススメレジャースポットを知りたいあなたに

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。現在は製造メーカーで生産管理として勤務中。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る