帝王切開費用公開。医療保険からの給付金が27万で18万黒字になった

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s 出産してから早3週間弱、出産一時金や夫の会社からの見舞金、民間保険の給付金等の精算が大体終わりました。

そこで、出産費用ならびに戻ってきたお金をまとめてみました。
私は医療保険に加入していたため帝王切開にもかかわらず黒字になりました。

黒字になった秘密を、これから出産を控えるご家庭の為に公開しちゃいます!

出産費用の内訳

保険内治療 128,960円 投薬・入院費・注射等
保険内治療 3,120円 食事療法
保険外治療 507,960円
産科医療補償制度 16,000円
合計 624,040円

今回は緊急帝王切開(時間外)で出産したため、出産費用が通常より高くなりました。
予定帝王切開の場合は、もう少し安いと思います。
また、出産した病院が直接支払制度を設けていないため全て窓口で支払いです。
出ていく金額が大きくて、支払いが大変でした。

 

帝王切開で戻ってくるお金

会社よりお祝い金 40,000円
出産一時金 420,000円
医療保険より給付金 270,000円
高額医療費請求 77,250円
合計 807,250円

 

ちなみに帝王切開の場合、健康保険が適用されます。

そのため、以前から加入していた民間の医療保険が適用され27万給付されました。

もしなかったら…と考えると恐ろしい!

そこで医療保険について詳しくまとめました。

 

医療保険は出産前に加入しましょう

私は結婚を機に保険の見直しをしました。
自分に何かあった時、迷惑をかけるのは夫だからです。
その際、自分で保険を決めるのではなく、よくある無料保険相談でFPに相談しながら決めました。



 

私の大雑把なプラン内容

疫病入院1日 5,000円
女性疫病入院1日 5,000円
手術給付金1回につき 100,000円
女性疫病手術1回につき 100,000円
帝王切開手術&入院7日合計金額 270,000円

私の担当者はもし出産を考えているとしたら、妊娠する前に女性特約に入った方がいいと話しています。

その理由は帝王切開の場合は女性疫病に値するからです。

そして、ここからが一番重要な注意点です。

妊娠後に保険へ加入しても、医療保険加入後1年経過しなければ「不担保部位」として適用されないのです。

不担保部位とは保険金支払いの対象としないという事です。

不担保部位は「子宮」となるので、子宮にまつわる病気が適用されなくなります。

二人目以降はどうなのか?

1年を超えると不担保部位はなくなります。
1人目を帝王切開で出産した場合、2人目の出産も帝王切開する可能性が高いです。

つまり1人目を帝王切開で出産した後に医療保険に加入すれば、2人目の出産では保険会社から給付金をもらえるのでメリットが高いのです。

ただし、一つ問題があります。

一度も病気したことない人に比べて、保険料が割高になる点です。

まだ妊娠していない方はすぐに医療保険に加入しておくといいですよ。

 

帝王切開のトータルコスト

今回の費用と給付金、助成金等の計算をするとトータル183,210円黒字になりました。

※詳細の計算内容

807,250円-624,040円=183,210円

帝王切開は術後は激痛に襲われたりして、あまりいいことありませんが、費用面では少し子育て費用ができた点が唯一の救いです。

医療保険に加入していなければ費用面も大赤字。

日本では20%の妊婦が帝王切開を経験すると言われています。

「でも私は経過が順調だから関係ない」

と思っている方、そんなことはありませんよ。

私は臨月まで胎児の成長が順調で通常分娩で出産予定でしたが、出産前日にトラブルが起き、結局緊急帝王切開で出産しました。

あわせて読みたい
【帝王切開】手術の流れと痛みの体験談【初産】
帝王切開なんて妊娠経過が順調な自分には無関係だと思っていませんか。 少なくとも私はそう考えていました。 日本では20%の妊婦...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

千葉県在住、1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を経験し、その後独立。現在フリーランス。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る