格安低走行中古車(27万)は乗れるの?1年乗ってみてトラブルゼロだった


まるで新車のような美しい光を放つヴィッツ。実は10年落ちの中古車であり、車体価格27万円/乗り出し価格35万円の格安で購入しました。
車を購入したことがなく、ましてや格安中古車に手を出すことに躊躇しましたし、恐怖心もありましたが、お店で試乗してみて不安は一気に吹っ飛びました。

まず、エンジンが非常に綺麗。お店では他の中古車もみましたが、購入したヴィッツと比較すると、エンジンが非常に汚なく、錆が多い。さらにエンジンオイルがカラカラで本当に走るのか疑問がつく車も多数ありました。

さらにタイヤとバッテリーを1年前に交換したばかりで新しく、傷んでいません。車検や法定点検もディーラーでやっていたため、ブレーキフルードは毎回交換しているし、ワイパーや消耗品もあらかた交換済みでした。

肝心の試乗ではギア変換もスムーズでコーナリングもばっちし、一目惚れしてしまいあっという間に購入してしまいました。

ただ1点不安だったのが低走行車だったということです。

最悪、修理&部品交換すればいいと覚悟していましたが、そんな杞憂は無駄でした。かれこれ1年乗り続けていますが「トラブル0」「不調0」「故障0」と期待以上の結果に大満足です。

中古車を購入するきっかけになれば幸いです。

そもそも低走行車って何?

低走行車とは年式の割には走行距離の短い車のことを言います。別名過少走行車。通常、目安として1年間に1万キロ走ると言われていますが、それ以下の車ですね。例えば10年式3万キロの車などを言います。

ちなみに私が購入したヴィッツは10年落ちで8,000キロしか走っていない、超々低走行車でした。

ところで走りすぎの車、いわゆる過走行車は故障が頻発するリスクが高いので、一般価格より安く販売していますが、低走行車もマイナス査定ポイントとされ、安価になりがちです。
低走行であれば問題ないよう思えますが、逆に長年放置されていた可能性もあります。また、自動車はある程度走ることによって、機械の調子を保っていますが、全く走らないと、オイルが固まったり、錆が発生してしまったりと不良が多発する危険性があります。特に青空車庫で放置されている車は低走行にもかかわらず、状態が悪く重大な瑕疵に発生する危険が高いです。

そのため「屋内保管」「一般的な走行距離」「充実したメンテナンス履歴」が理想の中古車になります。逆にこのような中古車は高くて手が出せないんですけどね…

私は、一応上記リスクを承知の上で低走行車狙いで中古車店を見て回りました。

失敗しない低走行車の選び方

まだ、1台しか購入していないのに中古車の目利きについて講釈垂れるのも生意気ですが、素人なりに良い中古車の購入ポイントをまとめました。

車の外装は現地で必ず確認

低走行車で同じくらいの年式であれば、外装はさほど変わらないと思いがちです。カーセンサーなどで写真だけを見ると、どの車も綺麗に見え、一見問題がないように思えます。
しかし、現物を確認すると車によって見た目は大きく異なります。私が言った中古車屋では10年落ちの車は見た目の差が大きく出ており、錆や塗装剥がれが目立つ車もチラホラありました。保管場所によって保存状態は大きく異なり、外装の差が生まれるようです。外装にこだわりがなく、無頓着な車は整備も信用できません。

ちなみに主にチェックした個所は「車の全体的な塗装状態」「タイヤの消耗具合」「全体的な錆」「エンジンオイル漏れがないか下面もぐりこみ」「ドアパッキンの劣化具合」です。これらの消耗具合を見ておいた方がいいです。

エンジンルームを開けて中身を確認

素人がエンジンルームを見てもいまいちわかりませんが、エンジンルーム内の汚れやゴムホースの劣化具合は見ておいた方がよさそうです。またエンジンオイルとブレーキオイルが交換されているか、オイル確認は簡単にしておきましょう。
ちなみにエンジンルーム内が塩だらけになっていて、水没車なのかと疑いたくなる車もありました。

メンテナンス履歴を確認

車にはメンテナンスノートが備えられていて、今までのメンテナンス履歴を確認することができます。中古車の場合でもメンテナンスノートは購入する前に確認することができるため、メンテナンスの履歴とどこでやったのかチェックは可能です。
もしも、メンテナンスノートがない車を購入した場合、交換可否の部品が分からず、メンテナンスすることも容易ではありません。中古車がメンテナンスノートを出すことを渋った場合、その車のメンテナンス状態が怪しいので、一度考え直した方がよさそうです。

一度は試乗してみる

外装とメンテナンス履歴も重要ですが、試乗してみて異音や気になる点がないか確認するのが確実だと思います。エンジンを回してみたら異音がしたり、マフラーから臭い排気ガスが出る車は避けたほうがよさそうです。また、走っている最中、少しハンドルから手を放し、まっすぐ進むか確認してみるのもおすすめします。フレームがゆがんでいる場合は蛇行する可能性があります。

私は上記4点だけ意識して、低走行車をみていきました。私は保障やフォローについては中古屋にあまり期待していません。万が一、不良車だとしても諦められる覚悟が購入時には必要になります。

我が家の愛車紹介

蘊蓄が長くなりましたが、我が家の愛車を紹介します。

車検はついていませんが、車体価格22万円の走行距離8,000kmは超良品だと思いました。
カーセンサー認定車両品質証明書がついているので、メーター偽装や事故車でないことは間違いありません。

実際に車を見に行くと、後部座席のドアに大きなへこみと傷がありました。話を聞くと前のオーナーはお年を召していて、この傷をつけたのがショックで車を手放す決意をしたそうです。つまり、高齢者がオーナーで遠出はなく、近所を走らせていただけだったので、走行距離が少なかったそうです。ただし、この傷以外は目立った不良個所がなかったので、わけを聞いてみると室内車庫保管でディーラーで点検をしていたので、車両状態が良かったそうです。

このように納車時にはパテ埋め&塗装でかなりきれいに仕上げてありました。そのため納車時のヴィッツは本当に綺麗でした。おそらくコンパウンドで磨いて艶をだしピカピカにしたと思います。

ライトも曇りなく綺麗

車体はピッカピッカ

ちなみにオートマでしたが、カーナビとETCはついていなかったので8万円で追加設置してもらいました。

格安でトラブルは発生していないの?

私は月1000km程度乗っていますが、購入して1年経ちましたがトラブルはほとんど発生していません。

それでも、トラブルとは言えないけれども中古車特有の瑕疵は若干ありました。

トランクのゴムパッキンが破けてしまいゴム用接着剤で修理しました。修理後は破け部分が広がることなく順調です。見た目は非常に悪いですけどね。


トランクバーの滑りが悪くて、自力で上げないと頂点までいきません。CRCを塗ったら若干ましになりました。


パテ盛りだけで直してあったへこみは内装はへこんだままでした。へこんだ箇所は錆びていたため、放置していたら錆が広がると思い、タッチアップ塗装をしておきました。

これらの細かい不具合はありましたが、大きなトラブルもなく快調に走っているので非常に良い買い物をしたと思っています。

ヴィッツを買ってよかったこと

新車と比較して、良かったと思えることをまとめました。

1.安いのでお買い得感がある

購入したヴィッツは新車だと150万円以上する普通自動車です。それを40万円程度で購入でき、走りもスムーズでトラブルが一切発生していないので、本当に良い買い物をしたと思っています。新車でも5年もすれば値下がりしますし、過走行したらさらに値崩れを起こします。たった8,000kmしか走っていない車ですから、経年劣化以外は新車とほとんど変わりません。

エンジンルームも低走行車で屋内保管だったためか、10年落ちとは思えないほどきれいな状態です。購入前にエンジンルームを見ておいて正解でした。

2.少々傷がついても気にならない

新車同然の綺麗なヴィッツですが、所詮は中古車。40万円で購入した車です。そのため、多少の傷や汚れがついてもあまり気になりません。私もドアを開ける際、勢いがつきすぎて壁にぶつかってしまったことがあります。ドアの下が曲がってしまい、無理やり直したのですが、塗装が剥げて凹んでしまいました。

塗装が剥げてしまった部分はタッチペンでごまかしましたが、素人仕事ですから塗った感丸出しです。でも、気にならないですよ。所詮は40万円ですから。

3.整備にお金をかけない

我が家のヴィッツは必要最低限の整備しかしていません。車検も一番安いユーザー車検で済ませました。でも、心配性ですからエンジンオイルは8000kmに1回交換してますし、タイヤチェンジもしています。雨の日うるさいのでワイパーブレードも新品に交換しました。タイヤチェンジ以外は全部自分でやったので費用は微々たるものです。
これをディーラー車検をしたり、交換をお店で頼んでいたら倍近く費用が掛かっていたでしょう。

ブレーキフルードの色はそろそろ不味いですね。近いうちに交換しておきます。

格安低走行車はあたりの可能性が高い

低走行車が気になっている人がいたら言いたいことは「一度見に行ってください」です。見たら低走行だけど錆だらけやエンジンルームがやばい感じなどがっかりすることもありますが、たまに「これは新車か?」と疑いたくなるほど良い状態の車もあります。
車は走れば走るほど摩耗する乗り物です。状態が良ければ過走行車より低走行車の方が掘り出し物が見つかると思います。掘り出し物の中古車を見つけたい方に是非おすすめしたいです。


関連記事一覧