転職エージェントの実態と採用側の心理 上手なエージェント利用方法について 後編

a6a46ac864ba887d6599f234d8ba509e_s前回の続きです。
※前回の話

転職エージェントの実態と採用側の心理 上手なエージェント利用方法について 前編
転職活動を行うにあたり、焦りや不安はつきものです。 「本当に転職できるのか?」 「面接が通らなくて困っている」 こういう悩みは...

前回、転職エージェントの実態と裏事情について説明しました。
今回は採用側の心理と上手な転職エージェントの利用方法について解説します。

エージェントと採用側の心理について

未公開求人は過度な期待はしないほうがいい

未公開求人と聞くと重要なプロジェクトや極秘求人で本当に社外には公に出来ない求人のイメージがありませんか?
実際そのような求人もあるでしょう。
ただし数は少ないです。

では、なぜ未公開求人なのか?

それは自社サイトでオープンにしていなければ未公開になるからです。

そして「未公開求人」と聞くと特別な求人でプレミアムな印象を抱かせる効果があります。

例えば…

従業員3名
資本金500万円

上記ベンチャー企業があるとします。
下記2種類の方法で求人を募集していた場合あなたはどちらに惹かれますか?

・ハローワークで求人を出している
・転職エージェントで「未公開求人」として経営者に近いポジションを求めていますと出している

 

従業員3名では経営者に近いのは当たり前ですが「未公開求人」で募集している方が特別な求人の印象がありませんか?

そのため転職エージェントではあえて「未公開求人」にしているふしがあります。

 

企業は何故転職エージェントを利用するの?

転職エージェントを利用する理由は主に4つあります。

1. 本当に極秘求人

これはそのままです。
例えば
経営に近いポジション・新規事業の中核・大企業の管理職等のポジションは求人募集を大きくせず、エージェントにこっそり頼む場合が多いそうです。
このような求人はお宝ですね。

2. 応募者が多数集まる求人

大企業の求人の場合、通常の媒体で募集したら応募が多数集まります。
また応募の選別をする手間を転職エージェントに一任する事ができ手間が省けます。
このような求人もお宝求人ですよね。

 

3. 人が来ない為、エージェントに依頼する

ベンチャー企業の場合、通常の媒体で募集しても人が集まらない事があります。
その場合、転職エージェントにお願いして求人募集します。
このような企業はエージェント以外にも媒体は使っていて、本当の意味で非公開ではありません。

 

4. コストを抑えるためにエージェントを利用

「人が欲しいが費用は抑えたい」
このような考えを持っている会社もエージェントを利用することがあります。
エージェントの場合、転職サイトと違い採用しなければ費用は発生しません。
そして無駄な求職者をはじいてくれます。
このような企業の場合、転職エージェントとハローワークを利用している事が多々あります。
人が決まらなければ両方ともタダですから。

それでも転職エージェントに登録しよう

今までの内容は転職エージェントに対してがっかりする事ばかりでしたが、ここからは登録する事によるメリットを説明します。

転職するのに一番重要な事は情報を仕入れる事です。
転職エージェントは情報を沢山持っています。
紹介をしてもらえなくても業界の景気、求人の量・質などを教えてもらえる事が多いです。

前編でも書きましたが無料で職務経歴書の添削、面接練習をしてもらえることはかなりのプラスとなります。

さらにもしかしたらお宝求人に巡り合うかもしれません。

以上の事から無料なので登録だけでもしておくのは重要だと言えます。

 

まとめ

私がお勧めする転職エージェントの利用方法は他の転職媒体をメインにエージェントもついでに登録だけしておく事です。
転職エージェントに過度な期待をせず、自分から様々な媒体を利用した、攻めの活動をすることが転職活動を満足に終わられられるポイントだと思います。

※下記が私の利用した転職エージェントです
プロかどうかは置いておいて案件は沢山持っています。

登録だけしておいてお宝物件の紹介をじっくり待ちましょう。

リクナビエージェント

案件の紹介数は凄まじいです。
一日5~6社紹介がありました。
しかし、アドバイザーのスキルが低い為、希望業種の紹介はありませんでした。


マイナビエージェント

リクナビエージェントより案件数は少ないです。
しかし、お宝案件はこちらの方が多い印象です。


 

自分の市場価値ってどれ位? 無料で見てみよう

「自分は無価値なんじゃないか」
「また失敗するのではないか」

転職を繰り返していると、段々と自信が無くなってしまいませんか。

MIIDAS(ミーダス)では7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出す事が出来ます。

自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることも出来ますので、転職活動の参考にもなりますよ。

MIIDAS(ミーダス)にアクセスすると下記の様な画面が出てきますので答えていきます。

miidas1
miidas1miidas2miidas4

 

因みに私の場合はこんな感じになりました。

miidas5

557万円の価値がある様です。

 

MIIDAS(ミーダス)の機能を全て使う為にはユーザー登録(無料)が必要です。
miidas6

facebookのアカウントかお持ちのemailで登録できますよ。

この結果は各企業にも伝えられます。職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要でとても効率的ですね。


>>MIIDAS(ミーダス)で自分の市場価値を見てみる

 

お勧め転職サイト集

・工場に勤めたいならここ!工場系に最も強い転職サイト 工場求人ナビ
・初めての転職!!第二新卒に特化した転職サービス 書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】
・IT・インターネット業界2000社と取引!!IT系に勤めたい人はぜひ利用したいのは IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】
・今時の転職はFacebookも活用しないと!!Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。現在は製造メーカーで生産管理として勤務中。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る