【体験談】テレビなし育児のメリット・デメリット。2年間テレビなしで育った子供への影響

我が家は現在テレビのない生活をしています。

息子が1歳になるまでは、反対にテレビばかり見ている(テレビつけっぱなし)生活をしていました。しかし「1歳になったばかりの息子の反応がいまいち。発語なし。指差しなし。真似もしない」「親が隠れてみても、興味が無くて探しに来ない」といった自閉症を疑う様な感じになっており、色々調べた結果

片岡医師が提唱する「テレビ論」がとても気になりました。テレビを四六時中見せることによって愛着形成がなされず、人格が上手く形成されないという理論に影響を受けて子供の為に速攻テレビを捨てました。

そして、あっという間にテレビなしで2年たちました。結果としてはテレビなし育児をしていて良かったです。今では発達障害関連の事は気にならない、ごくごく普通の元気な男の子になりました。未就園児である今のところテレビがないことについてのデメリットは感じておりません。

テレビなし育児をして息子への影響はどうだったのか。メリットやデメリットなどお伝えします。

テレビなし育児2年で息子はこうなった

早寝早起きになった

テレビを捨ててから一番始めに変わったのが「早寝早起き」になったという事。
テレビのある生活をしていた時は、息子を19時に寝かしつけても21時ごろまで寝てくれませんでした。

しかし、テレビを捨てたその日から19時半前後で眠り、朝5~6時に起きるようになりました。テレビを観ていると脳がパンクして眠れないのでしょうか。医学的根拠はないと思いますが、とにかくテレビを捨てた日から「今までの寝つきの悪さはなんだったの?」と驚いたので、少なからず睡眠とテレビは関係しているのかもしれません。

外遊びが大好きになる

息子は内弁慶気味なのでおとなしめな男の子ですが、外遊びは大好きになりました。
毎日毎日「お外行きたい!今日はXX行きたい」と言ってきます。一時期は毎日の様に広い公園めぐりの旅をしていました。
放置していると何時間も遊具で遊んでいます。

集中力が上がる

息子は工作や粘土が大好き。一度始めると1~2時間程度集中してやってます。何かを作り上げるのが好きなのだとか。夫や私相手におしゃべりしながら色々作っています。すごく集中力がある子になりました。

絵本が大好き

テレビを観ていた時には目もくれなかった絵本ですが、テレビを捨ててから絵本の楽しさに目覚めたのか毎日何度も読み聞かせをさせられます。
特に幼児雑誌「めばえ」が大好きで、ちょっと時間が空いたときにペラペラめくって「これが欲しい!XXは好きだよ~XXはいいね」なんて言いながら読んでます。もう何百回読んだことやら…雑誌はヨレヨレですが、まだまだ読み続けています。毎月めばえの発売日を心待ちにする3歳児になりました。

様々な事に興味を示し毎日楽しそう

テレビがないせいか、ぼーっとしている時間のない息子。常にアンテナを張っている息子は、私や夫(在宅勤務者)が家事をしたり仕事をしていると、ニコニコしながらこっちに来て「ぼくもやりたいよ~」と真似をしたりお手伝いを一生懸命してくれます。

夫がパソコンで仕事をしている時は、息子ももう一台あるパソコンのキーボード操作をして電話しているふりをしてニコニコ。時には夫と一緒に電話会議も出て(相手先は子供がいても気にしない)お仕事をしています。外遊びが大好きですが、家の中にいても毎日楽しそうにしています。生き生きとしている感じです。

乱暴なシーンを見たことないせいか、優しい子に育っている

テレビ番組を見ていると、ふとした瞬間に誰かをたたいたりなんだりといった暴力的なシーンがあります。
息子には免疫がなく、争いごとが大嫌いです。私と夫が軽い口喧嘩をしているだけで「喧嘩はだめ!」とものすごい勢いで仲裁に入ります。
これに関しては元々の息子の性格がそうなのかもしれませんが、優しい子になりました。

おまけ:一度もテレビを観ず1歳になった娘

テレビを観ずに育った娘は、家族が大好き。毎日笑って泣いて怒って、表情豊か。
成長も早めで、1歳0ヶ月の時点で発語が「ママ」「パパ」「まんま」「ねんね」「キティちゃん」「にゃんにゃん」など10~20程度あります(定着はしてない言葉もあり)。指さしも「あっあっ」と言いながら頻繁にしており、色々な事に興味がある様です。また、外出するのが大好きでイオンに行くだけでもニコニコしています。

テレビなし育児のメリット

私が感じたテレビなし育児のメリットはたくさんあります。
息子や娘の成長ぶりだけでも十分いいことだらけですが、それ以外の事も書きます。

家族間の会話が増えて語彙力が上がった

テレビがないと必然的に家族間の会話が増えます。テレビの音の代わりにいつも家族の声が聞こえるこの環境は、言葉の発達にも良いと感じています。
息子や娘の意識はいつでも家族にあるので、どんどん日常生活に必要な言葉を覚えていきます。
息子は言葉を溜めているタイプで2歳半で言葉の爆発期を迎えるまではいまいちでしたが、それ以降は「もうこんな言葉知っているの?」「もうこんな言い回しができるの?」と毎日驚く位おしゃべりが上達しています。単なる親ばかかもしれません。しかし、1歳0ヶ月の娘の言語発達(発語が10前後ある)を考えると、テレビなしの効果は絶大だと感じています。

きょうだいで一緒に遊ぶ時間が長い

テレビに頼ってしまうと、きょうだいそろってぼーっとテレビを観ているだけの時間もありますよね。
テレビのない我が家では、ちょっと暇があるとすぐ2人で遊んでいます。主に2人で飼い猫のちょっかいを出してゲラゲラ笑って、妹があっちこっちいたずらして息子が真似したり、2人で布団の上をコロコロ転がって息子が歌を歌ってゲラゲラ笑っている事が多いですが。その間、親は見守っているだけなのでラクです。

きょうだいの絆が深まっていくのは、見ていて本当に微笑ましい限りです。

テレビなし育児のデメリット

私としてはテレビなし育児をしていてデメリットを感じたことはありません。子供も今のところなにも感じていない様です。
私が元々そんなにテレビを観ていない事もありますが、ニュースや天気などはパソコンで見ているので特に不自由はしておりません。どうしても観たい番組は子供が寝てからHuluとかYoutubeで事足りています。

夫はテレビ大好きですが、テレビがなければないですぐに慣れました。むしろ、無駄にのんびりする時間が激減して良かったと言っていました。夫婦間での会話も増えたので良かったです。


子供が大きくなったらテレビなし育児は続けるのか

今は子供2人が未就園児なので心配はしていませんが、いずれ周りの子と話が合わないという問題も出てくると思います。それではかわいそうなので、皆が観ているor自分が観たい番組はパソコンでDVDやYoutubeなどで観せるつもりです。ですが、テレビがあると私達がダラダラ見てしまう自信がありますので、テレビは購入しません。

と言っても、現在は「テレビ」がすべてという時代ではないので案外困らないかもしれませんけどね。
いずれにしても、乳幼児にはテレビは不要です。乳幼児はテレビは不要で、元気に遊ぶのが本来の姿だと思います。


関連記事一覧