新しいハミガキ習慣「プラチナベリー」レビュー。ハミガキを嫌がる子供にオススメ。

pb1赤ちゃんが産まれて半年ほど経つと、かわいい乳歯が生えてきます。どんどん生えてくる乳歯を見て、そろそろはじめなければならないのが「ハミガキ」です。

私にはちょうど1歳になったばかりの息子がいて、数か月前からハミガキをはじめましたが、嫌がって嫌がって仕方がない状態です。まず歯ブラシを口に入れさせてくれない。無理矢理入れようとしても、首をブンブンと振って全力で拒否してしまいます。

「でも、小さい頃から虫歯にかかったら可哀想」

そんな悩みを抱えつつ、歯磨き粉を探していました。
ところがおなじみのフッ素入りの歯磨き粉はどうも気が進みません。
なぜならフッ素は化学物質であり、わざわざそのようなモノを子供に使うのは危険
更に化学物質過敏症やアレルギー体質の場合、微量であっても健康被害が出る可能性があると知ってから恐ろしくなりました。
息子は食物アレルギーを持っており、アレルギー体質なので健康被害が心配。

そこで「フッ素の入っていない歯磨き粉を」と探して見つかったのが「プラチナベリー」でした。

虫歯予防は赤ちゃんの頃から行った方がよい

「虫歯の予防なんて、急がなくてもいいんじゃないの」と思いませんか。私自身はそう感じていましたが、色々調べてみた結果「虫歯予防は赤ちゃんのうちから始めた方がよい」という結論に至りました。

歯科医・衛生士がつたえる本格歯科サイトによると、虫歯菌が一番感染しやすいのは、1歳半頃から3歳頃。その他のサイトを見ても大体その様に記載されています。

とは言え「虫歯菌って感染する人が多いんだろうし、いつ感染したって同じなのではないか」という疑問もありましたが、虫歯菌は歯の硬い面に住み着くという特徴がある様で、大きくて溝が深い奥歯が生える2歳までに感染してしまうと、その後のむし歯になりやすさが高くなると言われている。つまり、虫歯菌に感染する時期が遅ければ遅いほど、虫歯になりにくいとの事。

ちなみに、私は生まれてから現在に至るまで虫歯ゼロです。それは私の親が徹底してハミガキ習慣を付けてくれたり、その他諸々気を付けていてくれたからなのだと思います。

私は虫歯の苦しみを知りませんが、息子も知らないまま育って欲しいので、まずは「ハミガキ習慣を無理なくつける事」が虫歯予防のファーストステップが大切だと思います。

結論から言ってしまいますが、1歳の息子は「プラチナベリー」で無理なくハミガキをしてくれるようになりました。

プラチナベリーって何?

プラチナベリーは、植物由来の天然成分にこだわり0から作り出したぶどう味のハミガキ粉です。

pb1▲ハート型の小皿・歯ブラシがセットになっていました。※プラチナベリーの使い方も同封されています。

私が魅力的だと思ったのが、子供には良くなさそうな成分が入っていないこと。

・合成界面活性剤
・防腐剤
・着色料
・研磨剤
・殺菌剤
・砂糖

これらを一切使用していません。フッ素も不使用。歯の生え始めた息子でも安心して使えると思いました。

プラチナベリーの使い方

pbhowto011. 1日1包を目安に2~3回に分けて使用。
2. お皿の上にプラチナベリーをのせる。
3. 歯ブラシの毛先を水でぬらす。
4. 歯ブラシの毛先にプラチナベリーをつける。
5. 2~3分程ハミガキする。
6. 口を水ですすぐ。

基本的には、この様にして使用しますが、1歳になったばかりの息子は口を漱ぐ事が出来ませんので、以下の方法で使いました。

1. コップ1杯の水にプラチナベリーを入れる。
2. かき混ぜる。
3. 2.を歯ブラシに付ける。
4. 歯ブラシを何回かにわけて行う。
5. ガーゼなどで口を拭く。

ちょっと本来の使用方法とは違いますが、まずは息子が嫌がらずにハミガキをしてもらう事が先決でしたので、更にアレンジしてみました。

プラチナベリーレビュー/1歳の息子に使った結果

歯ブラシを口の中に入れるのを全力で拒否する息子にプラチナベリーを使ってみました。

pb4▲上記の様に、プラチナベリーを水に溶かして使いました。

息子はハミガキが大嫌いですが、私がハミガキをしているとそばまで来てくれるので、その流れでいつも通りハミガキをはじめました。

最初はいつも通り全力で歯ブラシを拒否。しかしなんとか歯ブラシを口に入れることに成功。数秒ほど経っても…歯ブラシを口に入れたままにしています。

bp5▲写真撮影中、ずっと歯ブラシを口に入れていました。

ぶどう味が気に入ったみたいで、噛んだりしていました。いつもと違って穏やかなハミガキタイムです。次の日には歯ブラシを口に入れると、なめたりするような仕草も。

数日経つと、あれだけハミガキを嫌がっていた息子が嘘みたいに歯ブラシを口に入れてくれるように…。やはり子供って甘いものが好きなんですね。いつもの歯磨き粉と比較すると高価なのは否定できませんが、我が家の場合ではプラチナベリーを使ってみてよかったです。「ハミガキ習慣」が出来ましたから。

「子供がハミガキを嫌がって困っている」
「赤ちゃんにハミガキの習慣をムリなく付けたい」
「フッ素入りの歯磨き粉は使いたくない」

とお悩みであれば、プラチナベリーを試してみても良いと思いました。30日間全額返金保証制度もありますので、安心ですよ。

>>こどもの為のハミガキ習慣「プラチナベリー」の詳細を見てみる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の著者

ぷにく

30代前半。1児の母。
環境アレルギーアドバイザー/Web運営業/ライター。

豪州の国立大学へ留学した後、IT・電気・不動産系の仕事を転々としてきました。その後独立し、フリーランスです。夫とはネット婚活歴1ヶ月で出会い、スピード結婚。妊活の末に息子を授かりました。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る