「とみ田インスタント生もりそば」と「とみ田直営店」の味を比べてみた

  • [最終更新日]

DSCN0558

私はラーメンが大好きで、よく自宅でも作って食べています。
特にアイランド食品さんが作る銘店伝説(※)は、「有名ラーメン店の味を気軽に安く自宅で食べられる」とあり好んで食しています。

銘店伝説:「絶対味覚」を持つ社員が実際に有名ラーメン店へ足を運んで対象となるラーメンを味わい、「味の記憶」をもとに様々な素材を組み合わせてラーメンの味を再現しているもの

先日スーパーで「銘店伝説 中華蕎麦 とみ田」が売られていました。
「中華蕎麦 とみ田」は、大つけ麺博で2連覇しテレビ等でも何度も取り上げられている千葉県松戸市にある超有名店です。

そこで、銘店伝説の味がどこまでお店の味に近づいているのか実際に食べ比べてみました。
※本来はとみ田(本店)の味と比較すべきですが、1時にお店に行ったら食べる時間は4時半と言われ諦めました

 

まずは、直営店「東池袋大勝軒ROZEO」のレビューです

本店は諦めたので直営店の東池袋大勝軒ROZEOさんにお邪魔しました。DSCN0559

東池袋大勝軒という名前なのでとみ田とは別物に思えるかもしれませんが、店主の富田氏が憧れの東池袋大勝軒の主となってみたいという夢を叶えるべく、本店創業者である山岸一雄さんの許可を得て、オープンしたお店です。

店内はカウンター席16席、 4人がけテーブル5セット、 6人がけテーブル2セットで広く、13時ごろお邪魔したのですが行列しておらずスムーズに入れました。

もりそばのライナップは小盛220g 800円、中盛300g 830円、大盛420g 910円 その他、トッピングを食券にて購入していきます。
スープは濃厚とあっさり2種類選べます。

今回は銘店伝説と味比べする目的がありますので濃厚の大盛りを注文しました。

席に着いて約15分後、もりそばが到着
DSCN0561

魚介のいい臭いが漂ってきます
スープは濃厚そうで粘度はかなり高いです
DSCN0562

 

 

チャーシューは分厚いものが3枚入っていました
DSCN0564

 

早速、実食。
麺はコシがありもちもちとしていて、とても食べ応えがあります。
硬さもばっちりです!
スープは魚介の味がしっかりしており、とても濃厚
とみ田本店よりはあっさりしているとは思いますが、それでも美味しい!

チャーシューは柔らかく、肉汁が出てこれもまた美味しいです。
もりそばはスープが段々薄くなる感じがしてあまり好きではありませんが、ここのスープは味に奥味がありますので気になりませんでした。

 

 

美味しかったのでスープも全部飲んでしまいました。
DSCN0566濃厚なダシも出ていて、麺の腰もいうことなく、するりと食べられる美味しさがありました!
癖になってしまってまた来たくなってしまう味ですね。

 

東池袋大勝軒ROZEOの詳しい情報はこちら

住所:千葉県松戸市小金きよしヶ丘4-6-3
電話:047-342-7292
営業時間:11:00~23:00※材料切れ次第終了
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

 

 

銘店伝説 中華蕎麦 とみ田を食べてみました

次に「銘店伝説 中華蕎麦 とみ田」です
DSCN0584パッケージにはしっかりと富田氏の写真が載っています。
ちなみに値段は298円(税抜)なので本物の半分以下の金額。
これで味がそのままだったら最高ですね。

 

中身を空けてみました
DSCN0585麺一袋、スープ一袋のセットになっています。
麺の量は1人前210gなので2人前で大勝軒ROZEOの大盛りとほぼ同量。
麺の太さはとみ田を意識してか、太麺で茹で時間は7分と通常のインスタント麺より長目ですね。

 

調理開始

まずトッピングの準備です。
今回トッピングは海苔、ゆで卵、ばら肉にしました。

ばら肉はチャーシューの替わりにするので軽く醤油で炒めます

DSCN0597

 

次にスープ作り。
スープは一人前で沸騰したお湯100mlを使用します。
今回は二人前作りますので200mlのお湯でスープを溶きます。
なお、一度お湯で溶かしたスープをフライパンに移して軽く沸騰させたほうが美味しいですよ。

最後に麺を茹でます。
鍋いっぱいに入った水を沸騰させて大体7分くらい。
茹で終わった麺はざるに移して水でしめます。

最後にトッピングをスープに加えて完成です

DSCN0602

本格的でおいしそうに見えます。
臭いは本物と比べるとあまりしないですね。

 

 

DSCN0603

麺はお店の麺と違い、ちぢれ麺です。
スープとの絡まりを意識したのかもしれません。

 

「銘店伝説 中華蕎麦 とみ田」を食べた感想

一口食べるとほのかに柚子が入っているのがわかります。
なるべくお店に似せようとしたのか、魚粉がかなり入っていますね。
…コクはお店に比べて全くありません
また、鼻を通るような魚介のいい香りもありません。
クセにはならない味ですね。
麺にコシはありますが、もちもちした感触はありませんでした。

 

食べ比べてた結果 まとめ

以下、お店とインスタントとの比較です。

・味は何とか似せようと努力している
・インスタントは魚粉を多く使っている為、魚粉好きにはいいかもしれない
・インスタントのコクはお店に比べて全くない
・お店に比べてインスタントは香りもほとんど感じられない
・麺はお店はもちもちしながらコシがあるが、インスタントはモチモチ感がほとんどない
・やはりインスタントは人工調味料の味がする

今回、両者を比べてみてインスタントとお店の違いははっきりわかりました。
お店のもりそばを食べた事がなく、手軽に安く食べてみたい人にはいいかもしれません。
しかし、やはりお店の味にはまったくかなわないので、もし通える地区にいる方はお店のもりそばを食べる方がいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • [最終更新日]

この記事の著者

D

幼稚園より水泳をはじめ、中学では県トップとなり全国大会常連に。大学卒業後、26歳までに転職3回以上繰り返し、自己啓発セミナーで40万円だまし取られる。妻とはネット婚活で知り合い、無事結婚。現在は製造メーカーで生産管理として勤務中。

関連記事

カテゴリー

Topへ戻る