【銘店伝説】「兎に角」の油そば(チルド麺)の再現度を加味しながら食べてみた感想

銘店伝説はアイランド食品が有名ラーメン店の味を、チルドで忠実に再現したラーメンシリーズです。
当サイトではこれまでもいくつかの種類をレビューしてきました。本当に近いものもあれば、全く似ていない商品もあり、千差万別だというのが私の感想です。

今回は、松戸市で油そばで有名の「兎に角(とにかく)」を食べて感想をお伝えします。

油そば「兎に角」とは?

「兎に角」は、平成17年にオープンしたラーメン屋で、オープン当事は夫婦二人で切り盛りしていたそうです。
特徴は鰹鯖節が効いた鳥豚牛ベースの濃厚ドロドロスープとモチモチの中太麺となります。夫婦二人からはじめたラーメン屋が現在は社員14名、パート・アルバイト12名(平成29年7月時点)の立派な会社になるまで急成長とげたラーメン屋です。

「兎に角」を食べてみた感想は?

当サイトの管理人は実際の「兎に角」で油そばを食べたことがあります。
濃厚で鰹鯖節が効いた味は忘れられません。実際にどれほど近づけられたか、食べてみることにしましょう。
スープは1種類。割りスープも入っています。麺は中太麺で割りと固そうです。

本店と比べると少し細い気がします。また、もう少しやわらかいような…

 

ちなみにカロリーは一人前700kcalを超えていて、塩分も7.6gとかなり体に悪い数値です。

 

麺の茹で時間は6~7分程。結構時間がかかります。

 

スープを混ぜて具材を上に載せたら完成です。

 

割りスープも作りました。割りスープのほうが色が薄めです。

 

割りスープとあわせてみました。お店みたいで美味しそう。

麺にもスープが絡みそれなりな感じです。

肝心のお味は…

んっ?モチモチ感が全くない。むしろごわごわ硬い感じ。

スープも鰹鯖節が弱く、ドロドロ濃厚な感じは一切ありません。ですが、決してまずくはありません。しかし「兎に角」の油そばとは全く異なります。

割りスープは味が濃いだけで、濃厚な出汁の味は一切感じませんでした。

まとめ

今回の「兎に角」はお店のラーメンとは似ても似つかない味でした。不味くはないので、腹の足しにはなるかもしれません。

所詮、チルドで参考程度と思ったほうがよさそうです。せめて麺だけでも工夫して近づけて欲しい…。

似ているかどうか別として、銘店伝説でしたら過去食べた中では「札幌味噌ラーメン桑名」の方が美味しかったですね。
銘店伝説シリーズのチルド麺が気になる方は「札幌味噌ラーメン桑名」を食べてみるといいかもしれません。

あわせて読みたい
口コミで有名の銘店伝説の「札幌味噌ラーメン桑名」を詳しくレビュー。本当に美味しいのか?
札幌ラーメン桑名は平成2年よりオープンしたラーメン屋で、濃厚でありながらスッキリした後味で有名です。元々、札幌市で28年開業してい...

関連記事一覧