【携帯用】トラベルチャイルドシートは安全?危険?やめた方がいい?徹底的に調べてみた

6歳未満の子供を車の乗せるときはチャイルドシートを設置しなければなりません。また6歳以上でも身長が135cm未満の子供にはジュニアシート設置を推奨しています。なぜなら、車のシートベルトが135cm以上の大人を基準に作られているためです。
ちなみにチャイルドシート設置しないことは道路交通法違反となり、1点マイナスされます。罰金はありません。ジュニアシートは違反にはなりませんが、子供の安全を考えると設置すべきだと思われます。

しかし、旅行先でレンタカーを利用したりカーシェアリング使用を予定していると、チャイルドシートの扱いに頭を悩ませます。チャイルドシートの重量は物によりますが、4~8kg程度あり設置も結構大変です。またかさばるため手持ちで運ぶことが難しく、慣れない車に設置するのもしんどい。

そんな悩みを解決するのがトラベルチャイルドシート。でも、これってちゃっちいけど安全性はどうなのか疑問に思ったので、調べてみることにしました。

トラベルチャイルドシートの種類について

トラベルチャイルドシートは主に3種類が出回っています。

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス


>>トラベルベストECプラスをAmazonでみてみる

トラベルベストECプラスは日本育児が販売している旅行用チャイルドシートです。重量が3kg弱と軽く、折りたためるため持ち運びに便利です。

ただし、若干大きいから旅行用の手荷物としてはきついかも。それでもその他チャイルドシートと比較するとマシ。
もちろん安全基準「ECE/R44」で認可を受けており、安全性は認められています。また、日本育児は育児用品を多く取り扱っている日本メーカーで、いい加減なものを作ったらメーカーの品位を落としかねません。
そのため、こちらの製品も「機能性」「安全性」をある程度備えた商品だと思われます。

AIJING チャイルドシート トラベル ベビーシート


>>チャイルドシート トラベル ベビーシートをAmazonでみてみる

大人の上に子供を座らせる珍しいタイプのチャイルドシートです。

まるで抱っこ紐みたいなこの商品は、大人がシートベルトをしていて子供と密着していれば安全だろうといった怪しい発想の商品。だったら抱っこ紐でもよくないか?という疑問を持ちつつも、イギリス交通機関のテストは合格しているみたいです。
しかし、日本の国土交通省の認可を得ておらず、日本で使用して違反にならないか不明…というかECE/R44マークがない時点でアウトでしょう。
これ販売していいのかAmazonよ…。

mifold(マイフォールド) ジュニアシート


>>mifold(マイフォールド) デニムブルー 携帯型 ジュニアシートをAmazonでみてみる
チャイルドシートではないですが、ジュニアシートをご紹介。

通常のジュニアシートはシートベルトの背丈が足りないため、補う台のような形になっているのが一般的ですが、こちらのジュニアシートは背丈を稼ぐのではなくシートベルトを下げるといった逆転の発想になっています。重量も700gと軽く、持ち運びにも便利ですが…ジュニアシート自体小さいものが多く、重量も2~3kg程度ですみます。とりつけも結構めんどくさそうだし、意外と複雑。通常のジュニアシートを使用したほうが取り付けには苦労しなそうです。

簡易型チャイルドシート安全性に疑問

これらのチャイルドシート軽くて、使いやすいことはわかりましたが、安全性に疑問が残ります。

「AIJING チャイルドシート トラベル ベビーシート」はEマークすらついていないため論外「mifold」はeマークはついているが、チャイルドシートアセスメントにデーターはありませんでした。この2品は安全性が確立しておらず、私は使用したくありません。

日本育児の「トラベルベストECプラス」はチャイルドシートアセスメントにデーターがありましたので調べてみました。
試験機種詳細 ECプラス

平均点は3.2点/5点とまずまずといったところ。すごく悪いわけではなさそうです。

ただし、同メーカーの「ECトラベルベスト」2.6点/5点かなり低い点数でした。
試験機種詳細 ECトラベルベスト

悪くはないけど、安全性を意識するとしたら疑問の点数です。検査さえ通れば何でもいいのでしょうか?私は安全性に疑問が残る商品は使いたくありません。

大変でも安全なチャイルドシートを装着するべき

カーシェアリング&レンタカーなど時々車を利用する家族にとってはチャイルドシートは重荷で着脱は非常に重労働な作業です。かくいう私もカーシェアリングを使用しており、子供が二人いるため借りるたびにチャイルドシート2台着脱しております。その作業だけで、1時間くらいはかかっているかもしれません。
そのため、着脱が簡単で楽なトラベルチャイルドシートを調べました。

しかし調べれば調べるほど安全性に疑問を持ち、大切な子供を簡易シートで守れるのだろうかと疑問が沸き起こりました。そして国土交通省の未承認チャイルドシートの実態動画を見て、守ることに不安を覚えたためトラベルチャイルドシート購入を断念しました。

大事な子供を守るためには、どんなに大変であろうとちゃんとしたチャイルドシートを使用するしかないと思います。

我が家はタカタ 04ビーンズリーマンのカイナを使用しています。両方とも購入前にチャイルドシートアセスメントで調べ、評点が4点以上の安全性に優れた商品です。
試験機種詳細 タカタ 04ビーンズ
試験機種詳細 リーマンカイナ

トラベルチャイルドシートと比較すると、重量も重く設置もしにくいです。

しかし、安全性だけはこちらのほうが断然上。お金や苦労に子供の命は返られません。道路交通法を守るためにチャイルドシートを設置するのではなく、子供の安全を守るためだとしたら、安全性の高いチャイルドシートを設置しようと結論を出しました。

Amazonで「タカタ04ビーンズ」を探す Amazonで「リーマン カイナ」を探す

【こんな記事も読まれています】
新生児から使える安心・安全でコスパのよいチャイルドシート5選!
【危険・注意!】未承認チャイルドシートについて徹底的に調べてみた
【口コミ】タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシートレビュー。 新生児から使えてコスパ◎
【口コミ】チャイルドシート「リーマン カイナ」を購入して大失敗した件

関連記事一覧