【日清】中華そば ますたにを食べた感想。味については…

京都ラーメンといえば天下一品ですが、京都に住むラーメン通がおすすめするラーメンは「中華そば ますたに」です。昭和23年創業のますたには鶏ガラベースのスープに豚骨を混ぜた醤油ラーメンです。

隠し味に使われている一味唐辛子がアクセントとなり、癖になる味だと評判です。最近の口コミをみると麺が柔らかく、コクがもう少し欲しいとのことが書かれていました。

▲本家ますたにのラーメン
参照元URL:食べログますたに 今出川店

そんな「中華そば ますたに」ですが、日清食品でチルドラーメンとして販売しています。今回は日清チルドラーメン「中華そば ますたに」を食べてみた感想をまとめました。

開封から調理工程まで短時間

日清「中華そば ますたに」は、スーパーで358円で販売しています。赤と黒を基調とした食欲をそそるパッケージです。

裏面には「中華そば ますたに」が紹介されていました。

原材料を確認してみると「ポークエキス」「チキンエキス」などの本店の味に似せる努力は伝わってきましたが、一味唐辛子は含まれていないようです。

1人前の栄養成分をみて気になったのは、塩分が非常に高いということです。麺は1.5g、スープ5.6gとスープを飲まなければ許容範囲内に収まりますが、食べすぎると塩分過多になるでしょう。

調理時間は短く簡単でした

開封してみました。麺は細めんでスープは1袋です。一味唐辛子などの隠し味は入っていませんでした。

細麺は卵があまりはいっておらず、わりと淡白な麺です。コシはそこそこありそうな気がします。

麺のゆで時間は2分半です。本店は柔らかい麺なので、若干ゆで時間を少なめにしました。

麺を茹でている間にスープにお湯を入れます。お湯は250ml。スープの上には油が浮いていますが、あまり香りはありません。

茹で上がった麺をスープに入れて、トッピングを上にのせたら完成です。ここまでの調理時間は10分。生細麺は茹で時間が短いので、あっという間に完成します。


残念ながら美味しくなかった

麺は細めんですが、持ち上げて切れてしまうことはありません。

食べてみると、思ったよりあっさりしており、コクやうまみはあまり感じられません。食べ進めていくうちに、嫌な脂っこさが出てきてあまり美味しくありませんでした。また、本店で使用されている隠し味の一味唐辛子は一切入っておらず、アクセントになるものは何もありません。

特長がなくあまり美味しいラーメンではありませんでした。日本の名店と呼ばれるくらい、特長あるチルドラーメンだと期待していましたが残念です。二度とリピートすることはないでしょう。

Amazonで評判の良いラーメンをみてみる

関連記事一覧