公開日: 更新日:

お金の無駄遣いをなくす方法。行動心理学を逆手に取るとよい

8a58d72eade278c9342653393cbbed8c_s「また余計なモノを買ってしまった」

「これだけ」と思って買い物へ行くのに、気が付いたら余計なモノを買って無駄遣いをしてしまったという経験はありませんか?

「今度こそ余計なモノは買わない!」

何度決意しても、やっぱり無駄遣いをしてしまう。

その裏には企業側が仕掛ける「行動心理学」が、私達の脳の判断をコントロールして、行動に影響を及ぼすプロセスが潜んでいます。逆説的に考えると、行動心理学をよく知り、それを逆手に取る事で無駄遣いをなくすことが出来ます。

行動心理学とは一体どういったものなのでしょうか。
そして、私達はどのように対処すればいいのでしょうか。

テンション・リダクション効果

9e3c1cb4abd90f256aa95abe546e1ed3_sテンション・リダクション効果はよくネット通販で使われています。

例えば、Amazonや楽天市場でお買いものをする際に

「これを購入した人はこのような商品も購入しています」
「あとX円の購入で送料が無料になります」

の様に表示されている事がありますよね。

これは「ついで買い」をして欲しいという意図があります。

私は以前「送料無料」という言葉が得な気がして「ついで買い」をしていました。
送料を無料にしたくて「ついでに買ったモノ」「本当に欲しいモノではなかった」事もあって、あまり役になっていなくて、結果としてムダにお金を使ってしまったと後悔する事が多々あります。

テンション・リダクション効果への対処法

ネットで買い物をする際には、一呼吸置くことが大切です。
ネットはボタン一つで買い物が出来てしまうので、お金を使っている実感が薄らいでしまいます。

お目当てのモノ以外を購入する際には、家族と相談してから購入しましょう。
そして即決しないで、翌日まで考える。

私は夫と必ず相談してからモノを購入するようにしてから、無駄遣いが格段に減りました。

バンドワゴン効果

ebeecb3d838b4c74f248dcfe57a7356c_sこれは人がそこに集まっているというだけで何となくの安心感や満足感を得られる方法です。
例えば、あなたは行列が出来ている飲食店を見ると「人気があるみたいだし、美味しいのかな?」と勝手に感じたことはありませんか。

こんなキャッチコピーもバンドワゴン効果を狙っています。

・100万人に効果あり!10分に1本売れているダイエットドリンク。
・頑固な便秘が解消したと評判のお茶。皆に愛され創業から100年作り続けています。

「皆が利用しているから、安心」

こうして私達はモノを買ってしまいます。

バンドワゴン効果への対処法

皆が使っているから、安心して購入してしまう気持ちはよくわかります。
ですが、モノを購入する際は他人の軸で判断をしてはいけません。

他人の軸で判断して購入したモノは、自分にとってイマイチな事もよくあります。

「自分が本当に欲しいモノは何か」

自分の軸で判断してモノを買うトレーニングをする事です。「皆が愛用しているから素晴らしいとは限らない」という事を頭の隅に入れて、お買いものをするようにしましょう。

ハロー効果

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_sハロー効果は、あるモノを評価する際に、目立ちやすい特徴に引きずられて、他の特徴についての評価が歪められる現象の事をいいます。

「タレントのXXさんも愛用しているXXのバッグ」

こんなキャッチコピーを聞いたことがありませんか。

ヒトの脳は不思議なもので、ある特定の評価が高いと感じた場合、別の項目も高く感じてしまいます。

例えば、私は就職・転職活動において全く苦労せずに大手企業を渡り歩いてきました。
それは恐らく私が有名大学から豪州の国立大学に留学して、英語もある程度出来るので、スムースな就職・転職活動が出来たのだとおもいます。

正直言って、私は突出したビジネスパーソンではありません。でも、履歴書の経歴だけはやたらと良かったので、採用された可能性があります。
(採用後「XXさんは英語が出来るからいいと思って」と職場の上司に言われました)英語が出来る事と、仕事が出来る事は別問題です。これもハロー効果の一種でしょう。

ハロー効果への対処法

バンドワゴン効果への対処法でも書きましたが、他人の軸でモノの購入を決断してはいけません。

有名人が使っていても、自分にとっては不要かもしれません。そもそも有名人と自分とはライフスタイルが全く正反対と言ってもいいくらいの違いがあります。

そんな人達が愛用しているモノやサービスが、果たして自分にマッチするのか。
恐らくほとんどミスマッチでしょうね。

有名人が云々の部分は気にせず、モノの特徴だけに注目する。

そうすれば、自ずと必要なモノだけを選定する力が付いてきます。
力が付いて来れば、無駄なモノを買う事もなくなり、無駄遣いも無くす事が出来るようになりますよ。

松竹梅の法則

45ae3157f47251787aaf31a49cfe1229_s「A・B・C」と三段階の類似商品があった場合、大概の人は真ん中を選択してしまうという現象の事を松竹梅の法則と言います。

あなたはお寿司屋さんで以下3つのコースがあったらどれを選びますか。

・Aコース  1,500円
・Bコース  3,000円
・Cコース  6,000円

行動心理学的には
「折角だからちょっといいものを食べたいけど、そこまで高級感が無くてもいい」という気持ちが働いてBコースを選んでしまう人が圧倒的多数です。

「Aコースでも充分だったかもしれないのに、無意識のうちにBコースを選んで余計なお金を使ってしまった」
「Bコースは微妙だったからCコースを選んでおけばよかった」

という事態になる可能性もあります。

このようにして知らず知らずのうちに私達はまんまと企業側の戦略にはまってしまっています。

松竹梅の法則への対処法

価格や機能面も普通のモノって無難でいいですよね。
でも、普通のモノはそのうち物足りなさを感じて「こういう機能やサービスがあればもっと便利なのに」と不満に感じる事もあります。

金額に惑わされずに、自分が満足いく機能面も兼ね揃えたモノを購入する。

満足度の高い買い物は一度で完結します。

結果として、無駄遣いはなくなりますよ。


無駄遣いを無くすには、企業側の戦略を知ろう

428781f4f4bd212233c681644a49c6a6_s私達が知らず知らずのうちに無駄遣いをしてしまうのは、企業側のマーケティングテクニックが巧妙だからであって、自分の意思の弱さから起こる現象ではありません。

企業もモノを売る事が商売ですからね。
様々な手法を使って、私達消費者に仕掛けています。

「企業側はどんな意図でこれを売っているんだろう?」

偵察しているつもりで買い物をするクセを付けると、無駄遣いが激減します。

一番大切なのは、自分の基準で本当に必要なモノだけを買う事です。
自分基準で買い物をして満足度の高いお金の使い方をしましょう。