WEBライターの始め方。未経験初心者ライターが月5万円稼ぐ方法を体験談を交えて解説 | HPゼロ主婦の暮らし

WEBライターの始め方。未経験初心者ライターが月5万円稼ぐ方法を体験談を交えて解説

副業

近年、副業として注目を浴びている「WEBライター」。今まで文章をまともに書いたことがなくても参入できるすばらしい副業/職業です。

でも、WEBライターってどうやって始めればいいのでしょうか。副業でも月5万位だったら稼げるって本当なのか、疑問は尽きませんよね。

この記事では、これからWEBライターに挑戦したい初心者向けに、WEBライターの始め方や月5万円稼ぐ方法を副業ライター歴3年目の私が体験談を交えて紹介します。

WEBライターの始め方

WEBライターの始め方は以下の通り。

  • STEP1
    クラウドソーシングサイトに登録
    WEBライターとして仕事を得るには様々な方法がありますが、ライティング未経験であればまずは「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサイトへ登録(無料)しましょう。
  • STEP2
    ライティングの仕事を探して応募する
    クラウドソーシングサイトには、ライティングのお仕事が多数掲載されています。「あ、自分でもできそう」と思ったら応募してみてください
  • STEP3
    テストライティングを受ける
    そのまま採用されることもありますが、「テストライティング」と呼ばれる「ライターとしての採用テスト」で合格しないと採用されないことも。
  • STEP4
    採用→ライティングの仕事開始
    テストライティングに合格orそのままライターとして採用されたら、ライティングの仕事開始!

クラウドワークスとランサーズ、どっちがいい?

ライターの間でよく議論されている「クラウドワークス」と「ランサーズ」。どちらもライティング案件が多く、ライティングの仕事探しにはぴったりです。

では、クラウドワークスとランサーズではどちらの方が良いのでしょうか?

実際に利用している感じでは「どちらも大差なし」。クラウドワークスorランサーズどちらの方がライティングの仕事を得やすいかについては、人によって感じ方が違うと思います。とりあえず、両方登録だけしておいて「自分に合いそう」と思った方を中心にライティング案件を探すと良いでしょう。

ちなみに、スキルのない私はクラウドワークスの方が肌に合っていました。



未経験WEBライターが仕事を受注するコツ

ライティング案件を発注する立場としては、実績がない人よりも実績がある人にライティングを頼みたいものです。未経験WEBライターの人は、当然のことながら実績はゼロ。まずはなによりも「実績」が欲しいところ。

「実績がないから全然採用されない……。」と悩む初心者ライターも多いようです。

未経験WEBライター仕事受注のコツ①プロフィールをがっつり作り込もう

クラウドワークスにしろランサーズにしろ、マイページにはプロフィールを書き込む欄があります。ここにプロフィールをがっつりと書いて下さい。ライティングの案件を募集する側(クライアント)は、結構プロフィールを見ていたりします。

アピールできることはしっかりと作り込みましょう。そして、作り込んだプロフィールを元に、提案文(=ライティング案件応募時にアピールする文章)を書いてみてくださいね。

ダメのプロフィールの例

ライティング未経験ですが、頑張ります!
ライティング初心者ですが、初心者だからこそ丁寧な仕事をさせていただきます。

WEBライター初心者にありがちですが、わざわざライティング初心者であることを強調しないようにしましょう。多くのクライアントは、ライティング初心者に仕事を頼もうだなんて思いません。自らマイナスポイントをプロフィール欄に書き込むのはもったいないですね。

また、「頑張る」「丁寧な仕事」といった表現も微妙なところ。「頑張る」のも「丁寧な仕事」なのも、わざわざ言わずとも業務を遂行するのが当たり前です。

WEBライター業はビジネス。ライティング業務に対して、お金が発生します。SNSのプロフィールと同じ様なノリで考えるのではなく、就職活動をする際の履歴書や職務経歴書を全力で書き込むようなイメージでプロフィールを書き込みましょう。

プロフィールにはどんなことを書けばいいの?

プロフィールには、職業や趣味、ちょっと詳しいこと、今まで経験したことなど思いつく限り書き出してみましょう。全てアピールポイントになります。例えば

  • 経験したことのある職業
  • 今まで経験した事(例えば、留学や婚活など)
  • 趣味(漫画や読書など)
  • 詳しい事(キャンプ関連に詳しい、お魚については誰よりも詳しいなど)

漏れなく記載するようにしましょう。

私は婚活経験者ですが、それをプロフィールにも書いてました。実績が乏しい頃でも、婚活関連のライティング案件にいくつも採用されましたよ。



未経験WEBライター仕事受注のコツ②どうしても採用されない場合はタスク案件を!

クラウドワークスやランサーズのライティング案件には、タスク案件(単発)とプロジェクト案件(継続的な仕事多し)と大きく分けて2種類あります。

タスク案件では事前に審査がなく、すぐに仕事がはじめられます。実績がゼロでも案件には取り組めるのです。そして、最終的にはクライアント側が内容を精査して「承認」するかどうかが決まります。承認されれば、報酬が手に入るよ!というもの。

たいして、プロジェクト案件では、応募する時に「提案」(=私はXXでこういった実績があり、貴ジャンルにおいての専門的な知識が豊富です。といったアピールのようなもの)をしなくてはなりません。

実績がない未経験WEBライターは「提案」の時点で落とされるため、なかなか受注までたどり着けません

したがって、未経験WEBライターはタスク案件から取り組むのが良いとはされています。

私はそんなの気にせずにプロジェクト案件で提案をたくさんしていました。数打てば採用されますので、最初からプロジェクト案件を狙い、タスク案件はあくまでも最終手段として考えても良いと思います。

未経験WEBライター仕事受注のコツ③募集人数が多いプロジェクト案件を狙う

未経験WEBライターでも採用されやすいのは「募集人数が多いプロジェクト案件」です。

クラウドワークスを例にとると、募集人数20人といったライティング案件がちらほらとあるんですよね。

▲こういう案件です。おそらくキュレーションサイトですね。初心者ライターにはおすすめ。

募集人数が多い=クライアントがとにかく書き手がたくさん必要なキュレーションサイトの可能性が高め。

キュレーションサイトとは、特定のテーマに沿って情報を収集・編集しているサイトのこと。SmartlogTRILLのようなサイトを想像していただければと思います。

キュレーションサイトでは、ライティング方法のレギュレーション(決まり事)が多くて大変ですが、初心者でも採用されやすいですよ。そして、長ったらしい文章の執筆をする練習にもなります。

企業運営のキュレーションサイトであればライティングマニュアルが細かく作り込まれていますし、最初のうちは勉強になりますよ。

私自身、ライター初心者の頃はキュレーションサイトで執筆していました。



未経験WEBライター:文字単価ってどの辺を狙えばいいの?

WEBライターの文字単価問題。Twitterでもたびたび議論されており、様々な意見を要約すると「初心者ライターは、まず1文字1円を目指して頑張ろう」という考えをよく見かけます

クラウドワークスを利用している実感として、1文字1円以上の案件はライバルが多く、実績に乏しい初心者ライターでは採用されにくい気がします。

経験則でのお話ですが、未経験WEBライターが狙うべき文字単価は1文字0.5円前後がベスト。0.5円前後であれば、実績がなくてもわりと採用されやすいですよ。

未経験だからといっても、0.1円以下の案件には手を出さないようにしましょう。そこまで自分を低く見積もる必要はありません。

WEBライターの文字単価について表にまとめてみました。

文字単価目安
初心者or実績がほとんどない0.3~0.6円
脱初心者or実績でてきた0.6~0.9円
中級者or実績あり1.0~2.0円
専門知識のある中級者以上or実績多数2.0円~∞

WEBライター3年目の私は、文字単価1.6円~8円くらいでライティング業務を請け負っています。8円の案件では、3000文字書けば24000円稼げる計算になりますよね。高単価の案件に採用されるのは大変ですが、実績を積んでいけば、可能性は高まります。

実例・未経験WEBライターの文字単価(初月~半年まで)

実際に私が初心者ライターだったころの文字単価を公開します。

当時はアピールできる資格やスキルはあまりない普通の主婦でした。ライター未経験の方でも、おそらくこの水準の文字単価でライティング案件を受注できると思いますよ!ライティングに取り組む時間さえあれば、下記以上に稼げるはずです。

文字単価ジャンル月収
1か月目0.4~0.7円生活約5万円
2か月目0.4~0.7円/1.0円生活/婚活約7万円
3か月目0.6円/1.0円家電/婚活約10万円
4か月目0.6円/0.7円/1.2円家電/旅行/副業約10万円
5か月目1.0円/1.2円/1.5円グルメ/副業/恋愛約13万円
6か月目1.0円/1.2円/1.5円グルメ/副業/恋愛約15万円

上で書いているのはすべてプロジェクト案件です。このほかにちらちらとタスク案件(単発)もこなしていました。1日に5~6時間、平日休日問わず、子どもが寝ている時や隙間時間を狙ってコツコツと執筆する日々……。ちなみに、1年後にはサラリーマンの平均月収以上稼げるようになりました。



初心者WEBライターが月5万円稼ぐ方法

文字単価0.5円前後で記事執筆依頼をバンバン飛ばしてくれるキュレーションサイトをメインに案件をこなしている。土日は休む。1日の作業時間は4~5時間、1時間に500文字書ける。

といった未経験WEBライターとして現実的なラインでのお話で計算します。

  • 1日で執筆可能な文字数:500×4~5=2000~2500文字
  • 1日で稼げる金額:0.5×2000~2500=1000~1500円
  • 1ヶ月22日稼働した場合:1000~1500×22=22000~33000円

……月5万円には届きません。しかし、慣れてくると執筆スピードが上がり、近いうちに1時間に800文字位執筆できるようにはなってきます。

すると……

  • 1日で執筆可能な文字数:800×4~5=3200~4000文字
  • 1日で稼げる金額:0.5×3200~4000=1600~2000円
  • 1ヶ月22日稼働した場合:1600~2000×22=32500~44000円

これでもちょっと足りません。

では、文字単価が0.6円だったらどうでしょうか。

  • 1日で執筆可能な文字数:800×4~5=3200~4000文字
  • 1日で稼げる金額:0.6×3200~4000=1920~2400円
  • 1ヶ月22日稼働した場合:1920~2400×22=42240~52800円

これでようやく月4~5万円に到達です!わりと現実的なラインでの計算です。しっかりとライター業務をおこなっていけば、数か月で到達できると思います。

この金額を低いと感じるかどうかは、人それぞれだと思います。当時の私は子どもが小さくて外へ働きに行けないという縛りがあったため、パート程度の稼働時間(しかも在宅)でこれだけ稼げることがありがたいと感じていました。

WEBライターが気を付けたいこと

WEBライターをする上で気を付けておきたいことがあります。ビジネスを行っている上でごくあたり前のことですが、注意して下さい。

  • お金をもらっている以上は「プロ」であることを忘れない
  • 報連相は迅速に行うこと(当日中であればOK)
  • 納期は絶対に厳守
  • 疑問点はどんどん質問する
  • できない仕事は断ろう

「WEBライターを副業として気軽に」といった気持ちでなんとなく「執筆」しているライターさんは結構多いんです。

私は案件と担当ライター、納期などを管理しているドキュメントをのぞけるライティング案件に関わったことがありますが、平気で納期遅延するライターがいるんですよね。中には連絡なくバックレるライターも。

クライアント側の気持ちになって考えるとお分かりいただけると思いますが「今日更新しなくてはならない記事が納品されていない」のは一大事。スケジュールが崩れてしまいます。しかも連絡がない……。

そんな相手(ライター)を信用できますか?できませんよね。

例え、記事の質がイマイチであっても、普段から報連相を怠らず、きっちりと納期に間に合わせるライターの方が心象が良いはずです。

ライター業はビジネスであって、お遊びではありません。気楽に個人ブログ書いているのとはわけがことなり、ライティング案件には多くの人が関わっています。そういった意味合いで「プロ意識」を持って、ライティング業務に挑むことが大切です。

「報連相とレスポンスは当日中、納期遅延しない、決まり事は守る」これだけできていればOKです。私はライター歴3年ですが、一度も納期遅延したことはありません!文章のクオリティはイマイチかもしれませんが、クライアント側から継続を断られたことがないため、最低限のビジネスマナーを守ることは大切なのだと思います。

WEBライターの始め方・まとめ

  • クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサイトで仕事を受注する
  • 文字単価が低くても、取り組む時間があれば月5万円稼ぐのは可能
  • ライターとしてのプロ意識を持つのが大切


タイトルとURLをコピーしました