賢いマンション購入術。元ハウスメーカー社員の私が購入したくないマンションの特徴

fabaa78cfcb906d537c6c5df724645b6_s「マンション購入では絶対に後悔したくない」

あこがれのマイホームにマンションの購入。

様々な不動産情報や口コミを探し回り、この記事にたどりついたあなたは聡明な方です。
なぜなら、私は考えなしにマンションを購入して失敗している人をたくさん知っているからです。

元ハウスメーカー社員の私が「こんなマンションはちょっと」と思うマンションの特徴をこっそりとお教えします。マンション購入で色々と悩んでいる様でしたら、是非参考にしてみて下さいね。

元ハウスメーカー社員の私がマイホームとしてはイマイチだと思うマンションの特徴

先にお断りさせて頂きますが、あくまでも「私だったら」ちょっと購入は見送るだろうマンションの特徴を述べていきます。下記に当てはまっていても、あなたや家族にとって価値がありそうであれば、気にせずに購入をして下さいね。

高層マンション/タワーマンション

0372999cdf99e628927cdff3d0e39ae6_s高層マンション/タワーマンションは、お金持ちが住んでいるイメージもあってちょっとあこがれますよね。何も知らない幼少期の頃は、こんなマンションに住んでみたいなと思っていました。

けれども、ハウスメーカーに勤務するようになって、裏事情を知る内に「高層マンション/タワーマンション」は長年住むにはデメリットが勝るではと感じるようになりました。

まずは、災害時。

火災が起きてしまった際には、はしご車も届きませんので手詰まりです。自力で逃げるのは非常に大変です。ヘリコプターから助けてくれるかもしれませんけど、恐らく助かりませんね。ヘリを飛ばすには、様々な手続きを踏まなくてはいけないでしょうから、刻一刻を争う際には間に合う事はないでしょう。

でも、人生で数回しかないであろう「イザという時」は大した問題ではありません。

私がなぜ高層マンション/タワーマンションを購入したくないのか。
それは住人格差(カースト)が激しい(経済面が特に)からです

住人カーストなんて伝説都市だろうと思っていたんですけどね。
伝説都市ではありません。
確実に住人カーストがありますよ。

高層マンション/タワーマンションは階数が上がれば上がるほど、部屋の値段は高い(1階は除く)です。なので、住人の間では「階数が高い(=販売価格の高い)部屋に住んでいる住人」がカースト上位。高層マンション/タワーマンションは戸数も多く、いつの間にか面倒なママカーストがマンション内に出来てしまうのです。

「そんなの関わらなければいいのでは」と感じる方もいると思いますが、不可能に近いです。だって外出する際にエレベーター内で誰かしらに出会いますから。関わっていないつもりでも「ここのご家族はこれからXXに行くのか」とか「この奥さんのファッションセンス微妙」と横目でチェックされ、住人のママ同士で噂になっている事は間違いありません。そしてそのママ同士で謎のカースト制度が出来上がってきます。

そこで問題なのは、マンション内のママ同士で何らかの決め事などを決定する時。ママ同士の輪を乱したくないとの想いからカースト上位のママが「YES」といえば、大概のママは「YES」の方向で事が進んでしまいます。これは関わらない様にする事も可能ですが、子供の関係等を考えると…避けられません。

経年劣化で修繕の話が出てきた際には、ママカーストとは別に、経済格差などから起こる価値観の違いが激しく、管理運営がまとまりません

管理のしっかりしていないマンションは、確実に資産価値が下がります。

以上の理由から高層マンション/タワーマンションは購入したくないですね。

無駄な共用施設の多いマンション

fabaa78cfcb906d537c6c5df724645b6_sフィットネスジム、キッズルーム、プレイルーム、温水プール。

近年の大規模マンションにありがちな豪華な共用施設。マンション購入時にはとても魅力的に感じますよね。でも、住人にとって共用施設はランニングコストがかかってしまう厄介な施設だと言う事だけは念頭に置いて下さい。

このような共用施設の維持費は管理費で捻出しなくてはいけません。これが何を意味しているかわかりますよね。マンションの管理費が高く設定されてしまい、毎月の管理費がムダに高くなってしまうのです。

しかも、不具合が生じた場合、負担するのは管理組合です。当初はキレイで最新の共用施設ですが、それを維持する費用は総会で確認を取る必要が出てきます。でも、共用施設の利用者は一部。果たして総会で維持費を出すことに了承してくれるでしょうか。共用施設は営利目的で存在しているものではありませんので、やがて不具合だらけになるのは目に見えてます。

マンションは住む部屋・必要最低限の設備が提供されていれば充分です。一部の人しか利用しない共用施設はランニングコストだけがかかるだけ。共用施設も日々の生活に忙しいと、利用する機会もほとんどないでしょうからムダとしか思えません。

マンション広告から手抜き工事?耐震性に問題ありかも?と判断できるマンション

9e17308d13d89a75ecd25c7fc2df0312_s地震に強いマンション選びのコツ マンション広告から簡単に耐震性を見抜く方法でも触れましたが、10階建てなのにRC造等といった、建設コストをケチったであろうマンションは私だったらゼッタイに購入しません

日本は地震大国です。

いつ巨大地震が起きらないとも限りません。建設コストをケチって耐震性に疑問が残るマンションを購入するのはとてもリスキーだと私は思います。

マンションの工期が短いマンションも手抜き工事かもしれません。

※マンションの工期はマンション広告にも書かれている「階数」「建築確認日」「竣工(予定)日」から算出が可能です。マンションの工期の妥当性は、マンションの階数+3~4ヶ月位です。

あとは「完成時期」「入居可能時期」が数週間程度しか開いていないマンションですね。

マンションが完成すると、購入した人が自身の契約した部屋をチェックします。つまり内覧会ですね。この時になんらかの不具合を調べ、手直しが発生する場合があります。細かい人は何度もこの手直しが発生します。このプロセスを経ると1ヶ月以上かかるのが普通です。

つまり、完成時期と入居可能時期が異常に短い場合は、スケジュールにムリがあり、内覧会も適当なのかもしれない可能性があります。

住人を軽視しているのでは?
管理体制も適当なのでは?

と次から次へと不安要素が出てきます。

大金はたいて購入するマンション。
納得のいく状態で末永く住みたいですよね。

マンション広告の情報だけで、不安になってしまうマンションの購入はしない方が良いと私は判断します。

どんなマンションが良いかはご家庭によって異なる。じっくりと検討してから購入しよう

9ea7c97135507a50d2f9c272c843c7ee_s「家賃をいつまでも払っているなんて損です」
「3月中に入居した方が新学期に間に合いますよ」

不動産業者の営業の中には、甘いセールストークで購入を急がせる方がいます。
嘘ではないですけどね。

ですが、マイホーム選びではこのような甘い誘惑に乗っかって購入を決めてはいけません。

後悔しますよ。きっと。

ご家族や自分にとって納得のいく「価値」のあるマンションか。
じっくりと検討してから購入を決めましょう。

ステキなマイホームが見つかりますように。

【こんな記事も読まれています】
低所得者の中古マンション購入術。元ハウスメーカー社員の私がこだわったポイント
バブル期の中古マンションを購入してよかった、失敗したなと思う事
一生賃貸派だった私がマイホーム(マンション)に住んで感じたメリット・デメリット
【中古マンション購入体験記】年収300万・転職後1年で住宅ローンは組めるか

関連記事一覧