• HOME
  • 記事
  • 妊娠糖尿病
  • 妊娠糖尿病のおやつや妊娠中の便秘対策にソイジョイがおすすめ。血糖値もあがりにくい。

妊娠糖尿病のおやつや妊娠中の便秘対策にソイジョイがおすすめ。血糖値もあがりにくい。

低GI食品と言えばソイジョイが有名ですよね。
妊娠糖尿病の私はおやつとしてよく食べています。

妊娠糖尿病になる前は見向きもしませんでしたが、食べてみると結構美味しくて、栄養もたっぷり取れます。
様々な食事制限を要する妊娠糖尿病としてはとてもありがたいですよね。
しかも、低GI食品なので血糖値は上がりにくいので一石三鳥です。

でもそれだけではありませんでした。なんと便秘解消にも効果があったのです。

ソイジョイは全部で11種類(2018年現在)。好みの味を見つけよう

ソイジョイは思ったよりも種類が豊富です。2018年現在、ソイジョイは以下11種類があります。

・ストロベリー
・ブルーベリー
・アーモンド&チョコレート
・ピーナッツ
・ホワイトマカダミア
・2種のアップル
・3種のレーズン
・プレーン
・ミックスベリー
・ピーチ
・バナナ

一番糖質が低いのが、ピーナッツの6.7g。一番糖質が多いのが、2種のアップルで11.1g。おやつは糖質10g以下と決められている方は、ブルーベリー・ストロベリー・3種のレーズンはアウトなのでお気をつけ下さい。

血糖値が上がりにくいだけじゃない。便秘対策にもおすすめ。

ソイジョイにはイソフラボンが1本当たり14mgから15mg含まれています

イソフラボンには腸内の便秘の原因となる悪玉菌が増えるのを防ぎ、善玉菌を増やしてくれる働きをします。

つまり腸内環境がよくなり、お腹もスッキリで便秘解消が期待できるという訳です。

私は妊娠してからも特に便秘に悩まされてはいませんでしたが、お通じがとても固く度々切れ痔をおこしていました。
しかし、妊娠糖尿病になってソイジョイを食べるようになってからはお通じが柔らかくなり、切れ痔が治りました。実際のところ、ソイジョイのおかげなのか不明ですが、一因ではあると思います。

血糖値が上がりにくいから…と食べていたソイジョイにまさかこんな効果があるとは思いませんでした。

私が一番好きな味はアーモンド&チョコレートです。普段我慢しているチョコレートの味が感じられてとっても美味しいです。

カロリーを気にされている・制限がある方は、1本80kcalのソイジョイも販売されていますよ。

Amazonで「ソイジョイ」を探す Amazonで「1本80kcalのソイジョイ」を探す


関連記事一覧